-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
フォントサイズ
2004年 12月 14日 |
フォントのサイズをどの単位で指定するか。
これは長らく私の悩みの種です。
サイトを作り始めた頃からの変遷を辿れば、最初はCSSを使っていなかったので、<font size=○>
やがてCSSを使うようになって、font-size:○pt
けれど、見る人によって快適な文字のサイズは異なるのと、私自身、あまりに小さいフォントで読む気がなくなったという経験が重なったため
font-size:○em
と、単位を変更。




どう違うかといいますと、ptは絶対値(厳密に言うとptも相対値らしいのですが、詳細な解釈はよくわかりません_| ̄|○) emは相対値になります。
例えば、私はブラウザのフォントサイズを14ptと設定しています。
ここで作ったページのフォントサイズを9ptと指定していた場合、ブラウザをいくつに設定していようと9ptは9pt。一定のサイズになります。
(これも実はブラウザ、OS、モニタ解像度などによって変わりますが、em指定程のとんでもない変わり方はしません)
それに対し、相対値であるemは、ブラウザで設定しているフォントサイズを1として比率で指定します。
ですから、1emとしていれば、私のブラウザでは14ptになるわけです。つまり見る人の環境によって同じ1emや0.9emという指定でも大きさが変わるのです。
この場合、大きめの文字で見たい人は大きく、小さめがいい人は小さくなるのが利点です。

ところが、先日、私はまた指定をpt指定に戻しました。
Macの場合、拡大縮小すると文字サイズは絶対値で指定していても変わるのでよいのですが、噂に聞くところによるとWin IEだと絶対値指定になっていると拡大しても大きくならないのだとか。
それは非常に申し訳ないんですが。

それでも戻した理由は、やはりこれもWin。
フォントサイズを全部1emにするならいいんですが、実際には私は説明などに0.9em指定をよく使うのです。
例えば、チャットルームのタイトルは1em 部屋の説明は0.9emといった風に。
これらも全てCSSでクラス指定を使って変えます。
ところが、相対値はベースになるのがブラウザのフォントサイズだといいましたが、CSSが入れ子になっている場合、親要素のフォントサイズに影響を受けます。
その解釈の仕方がOS ブラウザによって違うのです。
Macでは上記指定で丁度良いのに、Win IEだと0.9倍の更に0.9倍なんてことになって異様に小さくなったりするのです。
これがブラウザやOSごとに確認修正するのが非常に面倒でして。
何せ私はMac一筋。
窓の確認は自分のマシンではできないので、ちょっとずつ修正して確認、また修正という作業が出来ない訳です。
で、とうとううんざりして、pt指定に戻したんでした。
CSSって、ブラウザごとに解釈が違うための苦労が色々ありますが、いい加減、統一してほしいものです。
[PR]
by catsmoon | 2004-12-14 20:39 | 雑感
<< ブログ説明に改行 PageTop 和風スキン大晦日配付 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon