-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
いいとこ取り、近道はない
2005年 02月 09日 |
ネット歴といっても、まだまだ短い私だが、サイトを運営し、ブログを始め。
近頃、気になることがある。
ネットのマナー低下は叫ばれて久しいが、ことに目につくようになったのが、
「自分で調べるのはいや。でも、○○したい。誰か教えて。」
「もしまずかったら、誰か教えてくれるでしょ。言われないならやっていい。」

こういう考え方の人である。
しかも、最早これらは普通になってしまったのか、当然といった顔である。

いや、当然じゃないだろ、それ。



まず最初の方。
「自分で調べるのはいや。でも、○○したい。誰か教えて。」
これはもうブログのスキンカスタマイズ掲示板を何処のブログでもいい、覗いてみたら直ぐに実感するはずだ。
これは、代価を払わずに結果を求めたいということだ。
いってみりゃ、金払うのはイヤだけど、これ欲しい、と同じ。
通るか、そんな我が儘!と言いたいが、そこに後者「もしまずかったら、誰か教えてくれるでしょ。言われないならやっていい。」が出てくるので、こういう態度は失礼ではなかろうかと考えるよりも、だって掲示板があるじゃん、なら聞いてもいいでしょ、となる。

これは、駄目って書いてないから、お店にいって「お金払うのいやだから、これ、タダで下さい」って頼んでみたって悪くないでしょ、と言うのと同じだ。
常識で考えろと私は言いたい。

何かしたいなら代価がいるのだ。
この場合、選択肢は、お金を払ってプロにやってもらうか、必死で努力し、試行錯誤を繰り返し、イタタと思いながら頑張るか、「諦める」かである。
掲示板などで上級者が教えてくれるというのは、いわば予想外の幸運であって、最初から期待すべきものではない。

掲示板で、自分の環境を書く事もしない、というかできない、HTMLとCSSって何ですか?
タグ? ソースなんか自分で読もうと思ったことも、書いたこともありません。
説明サイト? 難しいから読むのイヤ、こういうレベルの質問をすることが、どれほど失礼なことか。
これは、自分は面倒だからイヤだけど、人は構わない、というか私の代わりに考えてって要求していることだ。

努力がイヤなら諦めろ。
それが世の中というものだ。

質問というのは、できる限りの努力をし、試行錯誤も何もかもやってやってやり尽くしてどうしても駄目で、それでも、これは諦める訳にはいかない、すみません、どうか教えて下さい、という姿勢で最後の最後にするものだ。

カスタマイズに関して質問するなら、人に聞く前にまず以下のチェック、全てクリアしてからだ。

  1. HTMLとCSSの初心者用説明サイトを最低各一つずつと、ブログのデザイン関係の説明は、隅から隅まで読んだ。
  2. 自分のブログは勿論、人のブログも、役立ちそうなところは、全部ソースをチェックした。
  3. わからないところは、ぐぐって、ぐぐって、ぐぐり倒した。
  4. 成功、失敗に関わらず、やりたいことは、思いつく限りの方法、調べられる限りの方法で全て実際に自分で書いて試してみた。
  5. 過去の質問は勿論検索して、全部読んだ。
  6. 上記をやって、じたばたするのを、少なくとも一週間は自力でやってみた。
  7. その結果、少なくとも、どこをどう聞けばいいのか、最低限度の専門用語を使ってピンポイントで、知りたい場所のソースを提示して質問するくらいはできるようになった。
  8. それでも出来なかったが、わかるようになるまで根気よく自分で練習するのでは駄目で、直ぐに誰かに聞く必要がある、どうしても諦める訳にはいかないという正当な理由がある。


本来、ブログというのは、中身がメインだ。
文章を書いたり、写真をアップしたりして見て貰うのが主であり、ブログのデザインというのは、配布されているスキンを使えば、好みは別にして読める形にはなっている。
つまり、それ以上にデザインをカスタマイズしたいというのは、言ってみれば、自己満足に過ぎない。
それをしないと、自分の書きたい事が書けないということはないのだから。

つまり、どうしても何がなんでもカスタマイズしないといけないということはないはずなのである。
それでもしたいなら、自己満足と自覚して、人に迷惑をかけないように自分の努力と責任ですべきである。

それを理解した上で質問しているのか、他力本願オンリーで質問しているのかは、答える側から見ると、一目でわかる。
質問のしかたに、本人の努力の有無は歴然と現れるからだ。
上記を理解し、やれる限りの努力はし、人に教えてもらえるということの幸運を知っている人の質問であれば、レスも懇切丁寧に気持ちよく返ってくる。

もし貴方が掲示板に質問を上げて、レスがつかなかった、素っ気ないレスしか返らなかったのなら、自分の姿勢に間違いはないかどうか、よく考えてみるべきだ。
「初心者だって言ってるのに、どうしてわかりやすく教えてくれないんですか、わからないんだから、上級者に聞くのは当たり前でしょう」なんて、逆ギレするなど論外。

言っておこう。
わからないんなら、わかるまで自力で努力するか諦めるのが当たり前だ。

※これ、わかりやすいのでブログのカスタマイズを例にとったが、ルールも読まずにチャット参加のしかたを聞く、文句言われたらそれからルール読めばいい、など、とにかくネット上、あらゆるところで同様の人がいる。
[PR]
by catsmoon | 2005-02-09 14:20 | 雑感
<< スキン利用規約 PageTop Navyスキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon