-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
受け身な人々
2005年 02月 15日 |
少し前に、自分では努力せずに何でも直ぐ人に教えてもらおうとする人のことを書いた。
あれを書いたきっかけは某ブログの掲示板だが、そのような人々の増殖はそこに限らない、ブログにすら限らない。
そして、そう感じるのは私だけではないようで、あちこちで同様のエントリーや、掲示板のレスを見る。



ネットもブログも、どちらもまだ歴史が浅いが、急速に普及していること、それまで広く情報を発信する手段を持たなかった一般人に、その手段を与えたことが最大の功績だろう。
同時に、それは様々な情報を手に入れやすく(玉石混淆だけど)なることでもあった。

しかし、その普及の弊害もある。
いや…弊害なのか、必然なのか。
上記のような人々の増加は、明らかにネットやブログが広まったことと相関する。
だが、原因はどちらなのか?

努力を嫌い、どこまでも受動的でありながら、自らも何かを発信したいという能動の欲求を持つ人達。
その姿勢と願望に、既に矛盾を孕んでいることに自ら気付かない人々。

このような人々が世の中に増えたから、ネット人口、ブログ人口の増加と共に、そのような人々も増えたのか。
それとも、あまりにもネットもブログも簡単になったために、その技術が人々から努力するという姿勢を奪ったのか。

かつてまだネットではなく、パソコン通信がマシンを使った情報発信の手段だった頃(私は聞いた話しか知らないが)マシンの能力も低く、ソフトもろくなものがなく、それでもやりたい人達は、自分で一つ一つ調べ、ソフトがなければ自分で作ったという。
そして、それは苦労でもあったが、楽しみでもあったと。

その気持ちはよく分かる。
私がHPを作り始めた頃、既にHPビルダーなどのソフトもあったが、私は全てネットで情報を検索して調べ、タグを覚え、手書きでサイトを作った。
こういう時はケチなので、本さえ買わず、全部ネットで検索して手に入る情報でまかなった(爆)
CSSもJava ScriptもCGIの設置もカスタマイズも、最近ではPHPも、全部ネットで調べつつの独学だ。
ブログのカスタマイズにしても同じ。
ひたすら調べ、試行錯誤し、時に放り出したくなりながら、一つずつ覚えた。
しかし、それは面倒であると同時に楽しい。
やっと成功した時の喜びは勿論、そうでなくとも、知識が増える喜び、理解できた瞬間の喜び、自らの努力で成し遂げる喜び。
だから、今も私は手書き(というか手打ち?)でサイトを作っている。

しかし、こういった知識を身に付ける喜び、手間暇かける楽しみは、今では少数派のものになったのだろうか?
上記のような人々が、掲示板で発する質問を見ると、たった3分、Googleで検索すればわかるようなこと、いや、そもそも検索さえいらない、自分で試しにやってみればいいことが多い。

「○○できますか?」
自分で試しにやってみればいいじゃんか。
ブログの機能を(カスタマイズじゃない、もともとある機能だ)覚えるのに、他の人がどうやって覚えたと思っているのだろう?
ブログの説明を読み、後は管理画面にアクセスして、端からやってみたのだ。
他にどういう方法があるのか教えてもらいたいくらいだ。
何故それをせずに質問するのかわからない。
やってみれば、直ぐにわかるし、色々試してみるのは楽しい事だ。
百聞は一見にしかずという。
聞くより、自分でやって、自分の目で結果を見る方がずっと早くてわかりやすく納得しやすいのに。

ネットで情報を発信するために、必ずHTMLなどの知識が必要だった頃、受動的な姿勢しか持たない人は自動的にそこでシャットアウトされた。
努力がイヤだったら、諦めるより手はなかったのだ。
しかし、今、ブログというシステムの普及に伴って、そういった人々も手段を手にする事ができるようになった。

かつて、これはブログではなく、なり茶(PBC。私の本家サイトはこれ)についての話を友人としていた時、近頃、基本的なことさえルールを読もうとしない、周りを見ない、努力しない癖に文句を言われると逆ギレするという質の悪いPLが増えたと言った私に、人口が増えれば馬鹿が増えるのは当然だと返ってきた。
そういうものかもしれない。
母集団が大きくなれば、困った人の絶対数も増えるし、敷居が低くなることを思えば、その比率も高くなると。

だが勿体ないじゃないか。
昔に比べて、独学でも情報は格段に手に入りやすくなっている。
出来る事も増えた。
そのためのコンピューターとインターネットという素晴らしい道具を手にしながら、それらがなかった頃と同じように、ただ誰かが投げ与えてくれるものだけを期待して座り続けているなんて。
[PR]
by catsmoon | 2005-02-15 14:00 | 雑感
<< 恐るべし、ブログ(^^; PageTop ボーダースキン2配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon