-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
無理心中
2005年 03月 13日 |
5人殺害の事務長逮捕 by Excite エキサイト : 主要ニュース

日本は心中に対してどこか寛容であるのか、こういった無理心中のニュースが報道されても、あまり大きな非難は聞こえないことが多いように思う。



だが、心中と無理心中は全く違うと思う。
心中だって、望ましくないのは勿論なのだが、少なくとも死ぬ人は同意しているわけだ。

これが無理心中となると、死にたかったのは実行した本人だけであって、巻き込まれた人にとってはこれ程迷惑なこともない。
彼らは死にたかった訳ではないのだから、これは立派な殺人である。
この事件では、幼い子供二人の命まで奪っている。
色々な悩みはあったのだろうが、普通の殺人事件と異なるのは一点、犯人も死のうとしたというだけであって、殺された人にとってはそれは慰めにはなるまい。

他にも育児疲れで我が子を道連れに無理心中といったニュースなど聞くが、これを虐待と言わずに何を言うのか。

死にたければ一人で死ねばよい。
悩みがあったからというなら、大抵の殺人事件だってそうであろう。
それなのに、全く何の警戒もしていない家族の不意をついて殺すなど、どのような動機があるにしろ、自己満足以外の何であろうか。
これが、もし赤の他人が犯人であったり、あるいは犯人が自殺を図らなかったとしたら、どのように報道されたか。
きっと悪逆非道、何と残忍な犯行かと言われたろうと思う。

もしも無理心中も心中であるとして受け入れる土壌がなければ、このような事件は減るのではないかと思う。
実際、無理心中というのは、外国ではあまりないと聞いたこともある。
たとえ家族であっても、命はそれぞれのものであって、家族だから、自分も死ぬからというのは、他人の命を奪う理由にはならない。

罪が罪だと認識され、このような事件がもう起こらず、幼い子供の命が犠牲になるようなことがないよう祈らずにはおれない。
[PR]
by catsmoon | 2005-03-13 02:20 | 雑感
<< Firefox 1.0.1 日... PageTop 寄せ木スキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon