-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
土砂崩れと地割れ
2005年 03月 22日 |
私の通勤ルートは、とんでもなく遠回りするのでない限り、二つある。
(どちらも田舎道を小一時間。都心部へとは全く逆方向)
一つは峠道を越えるものであり、もう一つは途中で高速を使うもの。
当然だが、前者は通行料はいらないが、時間は余分にかかる。
後者は早くて運転も楽だが金がかかる。

私はその時の予定や疲れ具合、天候などでどちらかを選ぶ。

先日福岡では大きな地震があり、今日は地震後初めての出勤日だった。
さて、どちらのルートを取るべきか?



結論を言えば、私は高速を使った。
速度制限されているとはいえ、一般道よりは高速で走ることになるため、もし走行中に余震があれば大事故になる可能性もある。
しかし、峠越えの道なら安全かというと、折しも天候は雨であり、しかもルートの途中は斜面だらけ。
土砂崩れが怖かった。
このルートは台風が来た時も、しばしば折れた木の枝が道路に倒れていたり、あるいは今にも倒れてきそうだったりと怖い道なのだ。

そして高速を走っていると、途中、路面に大きな亀裂が入っている箇所が2カ所あった。
雨であったから、もっとあったのかもしれないし、逆に見間違って亀裂じゃなかったという可能性もある(感じた振動などからして、その可能性は低いと思うが)のだが、ぎょっとした。
ある意味、最初に大きく揺れた時より、もっと地震の恐ろしさを感じた。

地割れを自分の目で見、気付いた時には車線を変える暇はなかったから、そのまま上を車で通り(通行が許可されているのだから、当然通れない程のヒビの幅や段差はなかった)ながら、通っている間に亀裂が広がったりしないだろうかと怖かった。
その後、走行速度をかなり落としたことは言うまでもない。

帰り道、どちらを選ぶか、どっちを選んでも怖いのだが、やはり高速で帰るだろう。
なにせ峠道の方は、もっと怖い(^^;
そちらは田舎道で交通量も少ないため、台風で枝が片側車線を塞いでいたりしても、かなり長く放置されているし、道の両側の斜面は、所有者の手が回らないのだろう、折れた竹や木はそのままという道。
到底、既に安全のチェックがされている、何らかの対策が取られているとは期待できない。
だから、土砂崩れの危険がなくなるまで、当分高速を使って通勤になる。
財布が痛いんだけど命には代えられない。
[PR]
by catsmoon | 2005-03-22 16:01 | 雑感
<< 「こんにちは」ですとも! PageTop Moon-Leafスキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon