-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
私のIP大丈夫?
2005年 03月 29日 |
手元に届いた「イマドキの日本語スパムメール」撃退編 by ITmedia

誰もが悩まされるSpam Mail
最早、諦めと共にゴミ箱に放り込むしかないのか。
この記事の趣旨は、フィルタで届いたものをチェックするだけじゃなく、元から絶つために、送信元のISPに苦情を送るという方法。

でも、私が目を止めたのは、そのことよりも文中で紹介されていたチェックツール。
(あ、でも、もしご存じなかった方がいたら、メールのヘッダーから送信元IPを見付ける方法は読んでおくといいですよ。
Spamだけじゃなく、中傷メールなどでも、この情報は大事です)



で、本題。

Spamを送ることを推奨しているISPは通常ない、当たり前だけど。
では、Spamをどうやって送る?
一つはそれでも苦情がくるまで荒稼ぎとばかり、ガンガン送るという正面突破。
これは、まあ、受け取った方にしてみれば迷惑だが、そこまで。

問題は、記事の3ページ目で紹介されているボット。
これは、他人のマシンにこそっと送り込むことで、勝手に使うもので、Spamを送る発射台として使ったりする。
(勿論、他にも個人情報を盗まれたり、色々と迷惑かつ危険。
詳しくボットについて知りたい人は以下の記事をどうぞ。
インターネット上の新たな脅威「ボット(bot)」に気をつけろ!(上) by IT Pro

これが困るのは、Spamを受け取ることより、むしろ知らない間に自分のマシンからSpamを大量送信されている危険があることだ。
しかし、そんなのどうやって調べりゃいいんだ?

一つはごくオーソドックスにウイルススキャンで、自分のマシンが感染してないか調べる。
だが、記事にあるように、ボットもご多聞に漏れず亜種が数多く存在し、全ては追いきれないのが現状のよう。
それに、感染していたとしても、それだけでは、自分のマシンからSpamが送られたかどうかはわからない。

ちなみに、送られると何故困るかというと、Spamの送信元IPとして自分のIPが登録されると、自分が送ったメールが相手のフィルタに引っかかり、届かないことがあるからだ。

そこで、こりゃ便利と思ったのが、最初に書いた通り、ITmediaの記事中で紹介されていたチェックツール。
2ch 鯖監視係。の踏み台登録確認君 1.02

アクセスすると、自分のIPを出して、それがSpam発信元としてブラックリストに載っていないかどうかチェックしてくれる。
といっても、固定IPアドレスじゃない場合、ヒットしても、それは前にそのIPを一時的に割り振られた他人のマシンということになるし、同様に、自分のIPもいつも変わるのだから、安全という保証には全然ならない。

※なお、固定IPで、もし引っかかった場合、LAN経由で、一つの回線に複数のマシンを繋いでいるなら、ボットが潜んでいるのが自分のマシンとは限らない。家族のマシンの可能性もある。
同じ回線を経由するので、自分のマシンと家族のマシンは、全て同じIPアドレスとなるからだ。
もし、私がチェックしてこれに引っかかっていたら、私は二重のファイアーウォールに守られ、しかも安全(近頃は人気、シェア拡大と共に安穏ともしていられなくなりつつあるが)な私の可愛いMacよりも、即同居人のWinを疑うだろう。

勿論、これは、自分のマシンが発射台になっている可能性があるかどうかだけしかわからない。
結果がOKだとしても、たまたま、まだブラックリストに載っていなかっただけで、既に発射台になっているかもしれない。
ボットだって、Spam発射台にするものだけではないから、ボットに感染していないという保証にもならない。
だからウイルススキャンがいらないということではない。
けれど、両方使って損はないと思う。
この記事では、他にも同様のチェックツールがいくつも紹介されており、便利かつ楽しいので試してみては如何?
[PR]
by catsmoon | 2005-03-29 15:17 | 雑感
<< 火山 PageTop 偏ってるなあ(^^; >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon