-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
動物虐待
2006年 11月 27日 |
このところ、とにかく気が滅入るようなニュースばかりで、少し疲れ気味でした。
そこで、気分が明るくなるニュースを見たい!と思った私は、ペットに関して検索をかけていたのですが。
見付けたのは、またもや気が滅入る話でした。

通報しよう、そうしよう!
ケガ猫さん記 改め 武蔵くんのお話

動物の遺棄、虐待は犯罪です。
しかし、動物愛護法(再改正2006年6月より施行)がまだ十分に知られていないのか、認識が広まっているとは言えないのが現状のようです。
私も罪になるとは知っていましたが、捨て犬や捨て猫を見た時に、通報するという発想は今までありませんでした。



私は、動物を擬人化するのはあまり好きではありません。人間と同じに考えてはいけない部分も沢山あると思うからであり、区別は必要だと考えています。
ですが、犬も猫もとても好きですから、正直なところ、動物を虐待するという気持ちは到底理解できません。

動物の虐待について、時に、人間だって虐待を受けている子がいるのだから、そちらが先だ、動物なんか後回しだ、どちらが大事なんだというような論調を目にすることがあります。
人間ではなく、動物を救おうと考えることが贅沢だとするような意見です。
しかし、これは根は同じ問題だと思います。

他者への慈しみ、共感を持つことができるなら、相手が人間であれ、動物であれ、苦しめることは、自分自身が辛いはずです。
痛ましい話や写真を目にした時、痛みを感じるはずです。
動物に対して、その苦痛を他人事として切り離してしまい、自分だったらどう感じるかと想像することのない人が、人間に対しては想像することができるでしょうか?
動物を苦しめて楽しめる、すっきりすると考える人が、人間に対しても同じように感じないと言えるでしょうか?

虐待を防ぐ活動をしている方のエネルギー源は、多分、動物であれ、人間であれ同じだと思うのです。
それを目にした時にあまりにも痛ましかった。
痛々しすぎて、目を逸らすこともできなかった。
目を逸らすことができないから、できることをしたいと思った。
他者の苦痛に対する惻隠の情という意味では、同じだと思うのです。

他者を苦しめて、すっきりできる人というのは、恐らく自分もまた虐げられていると感じている人なのではないかと思うことがあります。
ですが、自分が苦しめられたから、他者を苦しめてすっきりしようと考えるのは、苦痛の連鎖を生むばかりで悲しいことです。
そうしたところで、本当の意味で気持ちが晴れる、自分自身の苦痛が消えて解放されるということもないと思います。
何故なら、そのような方法で自尊の感情が生まれるとは思えないからです。
自分が苦しいから、他者には優しくしよう。
他者を救うことで、自分もまた救われよう。
そう考えて、連鎖を断ち切ることのできる人が増えますように。

そして、動物を虐待することは犯罪、罪なのだという認識が広まって、その連鎖を断ち切る切欠となるように祈ります。
社会にそのような認識が広まる一助となるよう、私もまた動物の虐待や遺棄を見付けた時は、通報するところから始めていこうと思います。
[PR]
by catsmoon | 2006-11-27 13:46 | 雑感
<< 季節スキン PageTop White Treeスキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon