-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
毎日新聞の取材姿勢
2007年 02月 22日 |
毎日新聞連載「ネット君臨」という連載における取材活動について、取材したという記事です。
毎日新聞連載「ネット君臨」で考える取材の可視化問題
毎日新聞「ネット君臨」取材班にインタビューした
by 佐々木俊尚 ジャーナリストの視点 (CNET Japan ブログ)

元となる毎日新聞の連載はこちら。
ネット君臨 毎日インタラクティブ
上記の取材記事で取り上げられているのは
ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その1) 難病児募金あざける「祭り」




私は、元記事からの引用やリンクだけで終わりという記事が好きじゃありません。
必ず、自分が感じたこと、考えたことを付記してこそ、引用と言えるのであって、それがなければ単なる転載です。
ですが、この記事に関しては、もう読んで下さいとしか言いようがありません。
読んで、佐々木氏と毎日新聞と、どちらの言い分に説得力を感じるでしょうか?

記事中でも紹介されている毎日新聞で行われたネット君臨:識者座談会(その1) 迅速な救済措置必要の中の文章です。
佐々木氏 客観的にひどい誹謗中傷があるのは事実だが、受け手の「困った」というのはかなり主観的なものだ。ネット君臨の1回目の話もあいまいだと思う。書かれる方はすごい誹謗中傷と感じているが、書いている方は正当な批判と思っている例は非常に多い。
 柳田氏 中傷での心の傷の受け止め方は、被害者と加害者では1万対1ぐらいの開きがある。受け手には一生ついて回ることでも、加害者は1回限りの「祭り」の楽しみで終わる。そこの差が認識されないと本質に迫れない。

一言いいですか?
それを毎日新聞が言うのですか?
報道被害を垂れ流して、謝罪も訂正もしない新聞、それによって奈良南部の産科医療を壊滅に追いやった新聞がどこかにあった気がしますが。
ネットによる被害より、大新聞による被害の方が遙かに甚大だと思うのですが。

報道した方は「一回限りの特ダネで終わる」から、部数が伸びて万歳かもしれませんが、報道された人の名誉の回復は至難の業、それこそ一生ついて回ることとなると思いますが。
それに、匿名では駄目だと繰り返してますが、それこそ新聞記事には、記名のない記事も沢山ありますよね?
少なくともネット上で発言している人の多くは素人であり、会社が守ってくれる訳でもなく、当然、それで収入を得ている訳でもないのに対し、新聞記者はプロであり、会社が守ってくれて、収入を得ているのですよね。
なら、匿名は駄目だとどうしても言うのなら、よりどちらの責任が重いでしょう?

さて、この連載と取材に関して、恥をかいたのは誰でしょうか?
[PR]
by catsmoon | 2007-02-22 14:24 | 雑感
<< 春雨スキン配布 PageTop 小学校の教科書 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon