-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
下り坂
2007年 02月 28日 |
ここ数年でしょうか、ああ、自分は人生の上り坂の時期を過ぎて、折り返し、下り坂にさしかかったんだなと思うようになりました。

人間が身体的に成長するのは、大体二十歳頃まで。
体力が最も充実している二十代を越えれば、じわじわと下降線です。
勿論、精神的に成長することはずっと可能です。
しかしながら、肉体的には確実に老化していき、死に向かって進むのだなということが、当たり前と言えば、これ以上ないくらい当たり前のことですが、近頃、実感されてきました。



記憶力が落ちたなあとか、このくらいで息が上がるようになったとか、色々あるのですが、実感するポイントは、私の場合、二点です。
まず体の不調が多くなりました。
昔にはなかったような症状が出たり、こじれやすくなったり。
しみじみ、もう無茶はできない年だなと。
まだ早くはありますが、それももう直ぐに癌とか心臓とか脳卒中とか、そういう心配をしなくちゃいけない年になるなあと思うわけです。

ですが、最も感じるのは、食事です。
私の両親は、父はこってり好き、母はあっさり好き。
私の味覚は父に似ていて、あっさりも好きなんですが、肉とか青魚とか、母が嫌いなものも大好きだったのです。
焼き肉で、脂のない赤身の肉しか食べない母が理解できませんでした。
カルビとかロースとか美味しいのに!

ところが、どっこい。
近頃、母に近付いてきました。
カルビやロースも美味しいとは思うんですが、一切れ食べたら、もう十分。
それ以上食べると胸焼けするんですよorz
脂ののった魚や揚げ物もそうです。
今でも美味しいとは思います。
思うんですが、沢山食べると後が気持ち悪くて。
代わりに、野菜や白身の魚、そういったものの方に目がいくように。

健康のためには、明らかに良い変化です。
体はちゃんとわかってるんだなと思いつつ、ああ、もう若くないんだなーと物悲しい気分に。
昔、好きだった食べ物も、これから段々食べられなくなっていくんだなと思うと、まだ食べられる今のうちに精々食べておかなくちゃ。
いっそ嫌いになればいいのになあ。
好きなのに食べられないのが残念です。

とは言え、これはこれで楽しんでもいます。
体力の低下は残念ですが、昔とは違うものの見方、感じ方をするようになり、若い頃にはわからなかった良さがわかるようになりました。
食べ物も、好きなものが食べられなくなった代わりに、昔は美味しいと思わなかったものが美味しくなりました。

下り坂は避けられないことです。
ですが、上り坂と同じく、これまで見たことのなかった景色という意味では同じです。
人生の夏を過ぎ、そろそろ秋にさしかかったのなら、夏を懐かしむばかりでなく、これからは秋の景色を楽しみたいものです。
[PR]
by catsmoon | 2007-02-28 10:56 | 雑感
<< 特大の春一番 PageTop 何かおかしいの? >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon