-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
予算委員会における柳沢発言
2007年 03月 08日 |
予算委員会 by 新小児科医のつぶやき
カメムシ大臣は失言の神なのか? by きっこの日記

3月6日の予算委員会における、柳沢大臣と安倍総理の発言についてです。

柳沢大臣は、ちょっと前に産科医は不足してない、減っているのは、少子化で需要が減ったからだとか寝言を言っていましたが、ここでは、安倍総理が不足していると言っております。
それとて、まだ地域によってはなどと偏在論に固執していますし、では余ってるのは何処かと言われても、さぁ?って反応ですが。
まあ、この程度のことは、最早、ちょっとしたツッコミどころでしかないと思わされる今回の発言が問題です。

なんと、大臣自ら、厚労省の定めた就労時間の定義を華麗にスルーしてくれました。
職場での待機時間は就労時間と認めないというのが、大臣の御意見のようです。



とにかく、大臣と総理の発言を読めば、溜息しか出てきません。
今回の大臣の発言は、医師に限らず全ての労働者にも関わる重大事です。

医療に関する対策も、結局、これまでと同じ、集約化とネットワーク(先日の国循センターのICU医師全員退職問題を見てもわかるように、的外れです)に拘ったものしか出ていません。
これでは、日本の医療壊滅は必至です。

なのに、この発言は、ネット以外では、ほとんど取り上げられていません。
これは選挙でも重要な争点となるだろう医療問題についての自民党の考えがよくわかる発言で、到底スルーしていいものとは思えませんが、マスコミは、やはり重要な情報を国民に与えず、ミスリードすることを目指しているようです。

自民党は、医療に限らず、限られた資源、資本を、一部富裕層に集中し、競争力を高めるために、搾取する側と、搾取される側を固定しようという姿勢です。
少子高齢化によって目減りした日本の資本を、満遍なく再分配していては、全体に薄くなって国際社会との競争力が低下するから、現在の中流層を蹴落として毟り取った資本を一部に集め、競争力を高めようという心算のようです。
極一部の金持ちが優遇され、その他の国民は働き蟻となって、最低の賃金、福祉で搾取されろということです。

そのように労働者を効率よく搾取したいという基本姿勢があるからこそ出てきた今回の発言だと思います。
そりゃ、搾取する側からすれば、実働時間以外の待機拘束時間は就労時間とは認めない方が都合が良いに決まっていますからね。

とは言え、確かに、足りない物は足りないので、全員豊かにというのは理想論であって、現実的ではありません。
しかし、【国力としては低下しても全員が少しずつ持ち、過去に持っていた水準から下がることは諦める】 か、上記のように 【国としての競争力を保つことを目指して、大部分が貧しくなることは諦める】 か、どちらを国民が選ぶのか判断できるように、正しい情報をマスコミは伝えるべきではないでしょうか?

医療に関して言えば、既に足りなくなっている医療資源について 【一部の金持ちは病院にかかって良い治療を受けられるが、そうでない大部分は、最早医療は贅沢品、お金がなければ諦めろという事態】 になるか、【今のような何時でも何処でも良い医療を受けることは、最早難しいが、全員が最低限の医療は受けられる事態】 になるか、どちらを選ぶかということです。

私達、市民一人一人も、マスコミを鵜呑みにし、報道されない部分はないものとして考えることをせず、ただ欲しいから与えろと無いものねだりし続けるのではなく、現実を理解した上で、自分はどちらを選ぶのか、医療を含め限りある資源を最大限活かすためにどう行動すべきか、そろそろ本気で考えるべきではないでしょうか?
そうでなければ、このまま、国は富むが、国民は貧しくなるという路線を黙認することになります。
[PR]
<< 気になる乖離 PageTop Green Gradation... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon