-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
これが一つの答え
2007年 03月 28日 |
5人目出産で500万円、ソフトバンクが育児支援を大幅拡充 by @IT
少子化対策について、色々な意見を聞くし、政府もまあ…大抵の感想は………だが、一応考えてはいるらしい。
けど、ソフトバンクが出した答えは、とてもストレートでわかりやすい。
企業が出来ることとしては、勿論、勤務条件など色々あるが、とても有効な方法だと思う。
出産祝い金は勤続年数1年以上の正社員が対象で、夫か妻のどちらかが4社の正社員なら支給する。支給額は第1子が5万円、第2子が10万円。ここまではほかの企業とほぼ同様だが、第3子で100万円、第4子には300万円、第5子以降の出産では500万円を支給するなど“超太っ腹”だ。
見ればわかるけれど、三人目以降は格段にアップする。



私が凄いな、ソフトバンクって思ったのは、これが、ソフトバンクという会社のイメージをよくすること以外に、会社にとっては大きなメリットがないと思うからだ。
少なくとも、直接的な利益が出ることではない。

勿論、子供を育てる社員に配慮してくれる会社は、優秀な人材、特に優秀な女性を集めやすくなるだろう。
でも、三人目から大幅アップというシステムは、そのメリットが小さいと思うのだ。
だって、子供を持つ数というのは、お金さえあればいいってものじゃないから、子供を5人生みたいからソフトバンクに入る!って人は少ないと思うのだ。
むしろ、人材を集めることが目的なら、勤務条件の方が大事だろう。

ここでソフトバンクのために言っておくと、そっちが無視されている訳じゃない。ちゃんと配慮されているようだ。
また、勤続年数1年以上の正社員の子供が小学校に入学する際、ソフトバンクモバイルの子供向け携帯電話「コドモバイル」の端末を無償で配布し、親が在籍している間は基本料金を無料にする。育児休業、短時間勤務制度も拡充する。


その上で、この出産祝い金である。
これは少子化対策として有効、社員にもう一人生んでみようかと思わせる効果のある額だと思う。
私なら考える。
これが政府や自治体の考えるようなしみったれた補助額なら、けっ、そんなの出産費用でとんじゃう、で終わりである。
少子化対策に役立つと思うかと言われれば、答えはノーで、今時、子育てにかかる金銭的負担を思うと、このくらいインパクトのある金額じゃないと、なかなかもう一人とは思えない。

それに対し、ソフトバンクの方は、このくらいの金額だと、子供の教育費などに十分当てに出来る。
金銭的理由で、もう一人生みたいけど生めなかった人には、とても意味がある。

つまり、ソフトバンクは、少子化対策としては、かなり有効な手段の一つと思えることを、行政ではなく一企業がやったのである。
このニュースの宣伝効果と、実際に三人以上子供を持つ社員の数(記事によると子供を3人持つ正社員は360人、子供4人は別に53人、子供5人も5人)からすれば、それでもメリットは大きいのかも知れない。
でも、それでも凄いことだと思う。
メリットも十分だとしたら、逆になお良い。会社にも、社員にも、社会にもメリットの大きな方法を実行したということだから。

勿論、こんな方法は全ての企業が採れる手段ではない。
そんなお金は出せない企業の方が、ずっと多いだろう。
だが、行政ならできるはずだ。
何の役に立つんだかわからないハコモノを作るお金の一部をまわせばいい。
直接支給が難しければ、合計が500万になるまで、税金を免除すればいい。

そうは言っても、これを取り入れようという自治体が、ほいほい出てくるとは思えないから、せめて取り入れることが可能な企業から、取り入れていって欲しい。
そして、せめて、そういう方法をとった会社に対して、政府は報いて欲しい。
[PR]
by catsmoon | 2007-03-28 01:11 | 雑感
<< あなたもMacを始めよう! PageTop Swooshスキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon