-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
早くLeopardに会いたい
2007年 04月 23日 |
既に広言している通り、私はMac一筋(といっても、たかが10年程度であり、Macファンとしては、到底威張れるレベルではない)これからも余程のことがない限り、Macを使い続けるだろう。
そして、私の熱心なプロパガンダにも関わらず、相変わらずMacを袖にし続けている同居人がいる。
そちらについてはページデザインの確認にも使えるし、最近は転向させるのは諦めた。

それにしても、どちらも同じコンピューターであり、財布が一緒なのだから、当然経済的な事情も一緒で、日がな一日、暇さえあればモニタに貼り付いているジャンキーっぷりも同じというのに、同居人を見ていると、つくづくMacユーザーとWinユーザーの行動は違うのだなと考えさせられる。

といっても、判断材料が自分と同居人という一人ずつなんだから、全体を論じて結論を出せるものではないが。



とりあえず、Macは素敵だからと言っちゃったら、話が終わっちゃうので、そこは置いといて(笑)

これは買い物全体に言えることだが、私と同居人は基本スタンスが違う。
私は必要最低限、コストパフォーマンス重視で、型落ちだろうが、何だろうが、必要な機能があれば、安い方がいいじゃないかという人間。
一方、同居人は、できる限り高機能な物を買って、大事に長く使いたい(つまり将来のニーズも満たす物が欲しい。たとえ、現実にはそのニーズが永遠に生じなくても)

これはパソコンを買うときでも同じ。
ただ、私の場合、とにかくマシンに負荷をかける使い方をすることと、仮にスペックにゆとりがあっても、Macを弄っていると、できることはやりたくなって、結果的にニーズが素晴らしい勢いで増えていくので、欲しい=必要=ほぼハイエンド機種=今ならMac Proということになる。

同居人の場合、そういう使い方はあまりしない…というか、ネットブラウズ以外に何かやってんのかよ!?って感じなので、スペック低くてもいいじゃないのと私は思うのだが、上記の理由でやっぱりハイスペックマシンを欲しがる。

で、奇しくも、時期を同じくして(と言うにはMac OSは延びちゃったけど)MSはVistaをリリースし、AppleはLeopardをリリースとなる。

私は、もういつ買おうかと、欲しくて仕方ない。
既にオープンにされている機能だけでも、早く欲しくて仕方ない(ああ、手に入れば、どんなに便利になるだろう!現時点で、マジで欲しい機能なのだ)
まだPower PCを使ってるので、Intel Macが欲しいというのも加えて、買う時期を睨んで、何かニュースがある度に大騒ぎしている。
Leopardが発売延期と聞いて、ほんとにがっかりした。

一方で、同居人はどうか?
私としちゃ、もう少し安定したらVista欲しいんじゃないの?と聞くのだが、反応は実に冷めたものである。
言い分は、一言に要約できる。
XPで十分だ。終わり。

どうして?新しいOS出たら、新機能でワクワクしない?使いたくならない?あると便利、欲しかった機能に大喜びしない?
私の問い掛けに対しても、やっぱり別にないの一言である。
あれだけ、意味もなくハイスペック欲しがる癖に、なんだ、その冷めっぷりは。

私にとって、Macは使い慣れた道具であり、必需品であると同時に、この上ない玩具であり、娯楽であり、ワクワクするような体験を目の前にさしだしてくれるものだ。
機能やソフトの目新しさだけでなく、実際に試してみると面白くて、役立って、手放せなくなるのだ。
Macを使って、一度手に入れた快適さ、楽しさは、あっという間になくてはならないものとなる。
最初は、興味ないしと冷たい視線を向けていたものまで、気付けばはまっている。

これだからMac信者はという、Winユーザーからの冷淡な視線もわかっているが、事実だからしようがない。
そうじゃない人がいるのもわかっているし、それは仕方ないことだけど。

それにしても、同居人だけでなく、周囲のWinユーザー達のVistaに対する驚くばかりのクールさは、Leopard関連のニュースに一喜一憂するMacユーザーとしては、ほんとに不思議だ。
[PR]
by catsmoon | 2007-04-23 15:46 | 雑感
<< 「偉い」という言葉 PageTop Housesスキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon