-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
「偉い」という言葉
2007年 04月 25日 |
<高校生意欲調査>「出世意欲」、日本は断トツ最下位 by Exciteニュース(毎日新聞)
日本の高校生は米中韓の高校生よりも「出世意欲」が低いことが、財団法人「日本青少年研究所」(千石保理事長)の「高校生の意欲に関する調査—日米中韓の比較」で分かった。「将来就きたい職業」では、公務員を選んだ高校生が日本では99年調査より約22ポイントも減少するなど、米中韓に比べ、明確な目標を持てない日本の高校生の実情が浮かんだ。

 調査は06年10月〜12月、日米中韓の高校生計5676人を対象に実施。進路や人生目標、職業意識などを聞いた。所属する高校を通じて実施したため、回収率は100%になるという。

 「偉くなりたいか」という問いに、「強くそう思う」と答えた高校生は中国34.4%▽韓国22.9%▽米国22.3%に対して、日本はわずか8.0%。卒業後の進路への考えを一つ選ぶ質問では、「国内の一流大学に進学したい」を選択した生徒は、他の3国が37.8〜24.7%だったのに対し、日本は20.4%にとどまった。

 また、将来就きたい職業(複数回答)では、日本は99年調査よりも弁護士や裁判官、大学教授、研究者の割合が低下。特に、公務員は前回の31・7%から大幅減となる9.2%だった。逆に「分からない」を選んだ生徒が6.2ポイント増の9.9%になった。

 千石理事長は「食べることに困らなくなり、今の高校生は『偉くなりたい』という意欲がなくなってきている。また、(従来『出世』と考えられてきた)職業に魅力や権威がなくなっている」と分析している。【高山純二】
もし日本で「偉くなりたいか?」という言葉そのもので聞いたのであれば、そりゃ当然だろうというのが感想。

そして、公務員を選ぶ子供が減ったら、どうして目標を持てない子供が増えたことになるのかが、さっぱりわからない。
後半で「分からない」を選ぶ子が増えたとあるから、そちらが理由になるなら分かるんだけど。



さて、当然だろうと感じたのは何故か。

今の日本で一般的に「えらい」ということになっている職業と言えば、記事中にもあるように「弁護士や裁判官、大学教授、研究者」や公務員と言っても幅広いが一応「公務員」などがあげられることが多いだろう。

だが、日頃目にする報道で、あるいは日常目にする意見で、彼らに対する尊敬が語られることはほとんど見ない。
むしろ一部問題のある人へのバッシング報道や、それを敷衍して、○○なんかろくなもんじゃないと言いたげな非難。
そもそも職業に貴賎はないのに特別扱いされやがってというような意見。
偶に褒めていると思えば、非現実的なフィクションの中のスーパー主人公だったりする。

つまり今の日本で「偉い」と言われることは、ちっとも褒め言葉になってないように思う。
そう言われる職業は、あり得ない高い目標を基準とされ、普通の人間の幸福追求や自己防衛を禁じられ、そうでなければバッシングされ、しかも、偏見に満ちた誹謗を受けるものに見える。

「えらい」と言われる人達が、実際には貶められ、非難され、妬まれ、嫌われるのを見ている子供達が、偉くなりたいと思わないのは当然だろう。
どれ程頑張っても評価されず、能力と責任に応じた正当な報酬を得れば非難される職業に誰がつきたいと思うか。

時々、日本が資本主義だということが嘘じゃないかと思うことがある。
[PR]
by catsmoon | 2007-04-25 14:26 | 雑感
<< Alleyスキン配布 PageTop 早くLeopardに会いたい >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon