-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
医師不足の構造
2007年 05月 28日 |
医療崩壊に関心のある人にとっては、今更感満載のニュースですね。
私の感想も、アア、やっぱり、そりゃ当然だよねーです。

<医師人口比>日本、20年に最下位へ OECD30カ国中 エキサイトニュース
人口1000人当たりの日本の医師数が、2020年には経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国中最下位に転落する恐れがあることが、近藤克則・日本福祉大教授(社会疫学)の試算で分かった。より下位の韓国など3カ国の増加率が日本を大きく上回るためだ。日本各地で深刻化する医師不足について、国は「医師の地域偏在が原因で、全体としては足りている」との姿勢だが、国際水準から懸け離れた医師数の少なさが浮かんだ。




知っている人にとっては、何を今更でしょうが、そうでない方のために、何故医師が足りないのか、ざっとまとめを。

1)医師の数は国が決めて調整しています。
医師自身や医師会が決めている訳じゃありません。
多くの医師は、医師が足りない、増やしてくれと言い続けています。

2)しかし、国は医師を増やすと、医師が診ることのできる患者も増え、医療費が増えて国が潰れるから、医師は増やさないと言い続けてきました。
それは、20年以上前に、当時の厚生省保険局長が「医療費亡国論」として発表したものが、医療政策の基本方針として生きているからです。

3)国は、2に従って、医療費と医師数を極限まで抑え続けました。
医師は、それぞれが労基法ぶっちぎり、過労死当然の過酷な労働に耐えて、なんとか支えてきましたが、とうとう支えきれないレベルになってきました。
経済的にも、ギリギリの経営を余儀なくされて、とうとう耐えきれず破産する病院も珍しくなくなりました。

4)すると、今度は国は、医師が足りないんじゃなくて偏在してるんだと言い始めました。
しかし、偏在と言いながら、余っているところが何処かの回答はありません。
偏在じゃなく、国の姿勢がこうだから医師の絶対数が足りないのです。
このままじゃ良くなるどころか、更に悪化するよというのが今回のニュースです。

5)近頃になって漸く、政府は選挙対策として、医師をちょっとだけ増やそうかと渋々言い出しましたが、それに当然必要な根本的な医療費のアップは認めたがりません。

6)このままいけば、病院も破産しちゃ困るので、赤字部門から撤退する病院が増え始めます。
医師だって、同じ仕事するなら、普通に夜眠ることができる病院を選ぶようになりますから、過酷な救急などを受け入れる病院は医師が足りなくなり、やっぱり閉鎖です。
都会がいいというのは贅沢ではなく、一人で地域医療を支えれば、24時間365日休み無し、過酷な労働で潰れてしまうからです。

7)需要と供給のバランスが崩れたものは値上がりするのが世の習い。
同じ格安の値段設定に縛られる保険診療(健康保険を使う診療)より自由診療(健康保険を使わない自費診療)を選ぶ病院も出始めます。
今のままではお金も医師も足りなくて潰れるんですから。
必然的に今の皆保険制度は潰れ、国民が個人で医療保険に入り、その保険の範囲で医療を受けろということになります。
実際に、国は既に混合診療といって、自由診療と保険診療を同時に行えるようにしようと考え始めています。
医療市場に参入して稼ぎたいアメリカの保険会社は万々歳です。

8)個人で保険に入るお金のない人は十分な医療を受けられなくなります。
逆に言えば、お金のない人を国は税金で支えなくてすむようになる、支えたくないということです。
支えなくてすむようになれば、国は医療費が減ったと大喜びです。
それが国民にばれると選挙の時にまずいということで、全部医師の努力が足りない、贅沢言って都会に住みたがるから悪いんだと言って誤魔化してきただけです。
挙げ句に、市場経済で医師をいいように扱う邪魔になるからと、医師を地方に供給する役割を果たしてきた医局の機能を潰し、結果、地方の医師不足をより深刻化させたのも国です。

9)医療が市場経済に放り出されて得をするのは誰でしょう?
こういう政治家を選んできたのは誰でしょう?

10)十分な数の医師と十分な質の医療を求めるなら、他国に比して異様に高い公共工事費への対策もそこそこに、国民のニーズは無視して医療費は削減するという姿勢の政党を国民が選ばないことが必要です。
医療を保険会社の食い物にしようとする勢力に、政治的に媚びへつらわない政党を選ぶことが必要です。

日本には既に多くの良心的医師がいました。彼らは他国から奇跡とも言われる、高度な医療を誰もが何時でも何処でも格安で受けられるシステムを自らの志だけで支えてきました。
その医師を奴隷労働とバッシングで燃え尽きさせてきたのは国と国民です。
どれ程医師が頑張っても追いつかない程に医療を追い詰めたのも国と国民です。
それでもなお貴方は医療崩壊は医師の努力が足りないんだと思いますか?
[PR]
<< 考えろという教育 PageTop Red Frameスキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon