-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
便利さに慣れること
2007年 07月 23日 |
Vistaの「成長痛」で、XPにまだまだ居場所あり by ITmediaを読んで、思ったこと。
 独立系コンピュータショップComputer Cafeのオーナー、クレイグ・レイブ氏は、Vistaの発売後に同OSに関する苦情が多く寄せられたため、2月にVista搭載機の販売をやめたと話す。

 「客が戻ってきて、『VistaをはずしてXPに換えてほしい』と言うんだ」(同氏)
Winだろうが、Macだろうが、新しいOSが出た場合、大抵、最初はトラブルがあるし、ソフトなどが上手く動いてくれなくなるトラブルも必発するものだ。
私も経験している。
コンピューターを使っていて、OSを変えたことのある人で、経験したことのない人がいるのだろうか?

Mac大好きな私だが、率直に言って、Macだってありふれた…あまりにもありふれた経験だ。
今度、Leopardが出て、それに乗り換えたら、きっとまた経験するだろう。



新しいOSが出た後は、トラブル報告の記事が溢れかえる。
だが、Macユーザーの場合、どこか諦めをもって受け入れる傾向が強いように思う。

すぐに新OSを入れる人は、その不具合まで覚悟で導入するし、そうでない人は様子を見る。
これはWinでも多分同じだと思うのだが、いざ予想通り不具合が生じた時、Macユーザーは、ああ、やっぱりね〜という苦笑で受け入れ、メリットの方を出来るだけ見るようにする人が多い。

Macユーザーは信者と言われる程、Mac好きな人が多いのも大きな理由だと思う。
けれど、多分、それだけじゃない。

つまり、Macユーザーは不便さに慣れている。
誤解して欲しくないが、Mac OSは便利なOSだ。個人的にはWinよりずっと使いやすく、スマートだと思っている。
だが、如何せん、どうにもこうにもマイナーで、Macに対応しないソフト、HPなど腐る程ある。

Firefoxの普及のお陰で、IEオンリー仕様のサイトが減ったので、対応しないHPは減ったものの、以前からMacを使っていた人は、皆、かつての呪われたIEオンリー仕様のHPが溢れかえっていた時代を覚えている。

だから、新OS導入による多少の不便など、ああ、またか〜で終わりだったりするのだ。
ま、代わりのソフト探すか〜、待ってりゃそのうち対応するだろ、と気長に眺めつつ、新機能のワクワク感を楽しむ。

その点、圧倒的シェアを誇るWinユーザーは、そういう現象に慣れていない。
使えない!?どうして?到底我慢できない!となるのじゃないか。

企業に早く改善しろという圧力をかけるには、Winユーザーの反応の方が正しいのかもしれない。
OSに限らず、世の中のあらゆることは、利用者の冷たい反応によって進歩を促されてきた。

だが、利用者個々のことを考えた時、便利さに慣れきってしまい、それが大多数で、当然とされるようになることは、逆に幸運を幸運と思わず、不運を受け止められなくなるという弊害も生むのではないか。

例えば、私は、かつての忌まわしいIE全盛期を覚えているから、今でも、大手のサイトで全ての機能がMacにも対応していると、おお〜!ラッキーと喜べる。
一つ二つ不具合があっても気にしないで、別の方法を探す。
だが、全て対応していて当然と思っていれば、それは耐え難い不満となるかもしれない。

これは、多分、今日の日本で、教育や医療や、その他ありとあらゆる公的私的を問わないサービスにおいても言えるのではないか。
人は便利さにはあっという間に慣れる。
慣れた便利さを一度当然と思うようになってしまえば、戻ることは難しい。
そして、不満に耐える力、他人に文句つける前に自分の力で何とかしようと知恵を絞る力を失っていく。

便利になるのは良いことだ。
それを否定はしないし、そうあるべきだ。
だが、それに慣れきってしまった時、自分が何を失うのか、それは覚えておくべきだと思う。
[PR]
by catsmoon | 2007-07-23 10:16 | 雑感
<< Animal Printスキン配布 PageTop Sky Planeスキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon