-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
強姦魔は去勢を
2007年 08月 21日 |
性犯罪に「去勢」措置も 仏大統領が性犯罪防止策 | エキサイトニュース
フランスのサルコジ大統領は20日、子供への性的虐待など性犯罪防止のため関係閣僚会議を開き、再犯の恐れがある性犯罪者には、ホルモン療法による「去勢」措置や隔離施設への収容を行い、刑期を終えた後も社会復帰を許すべきではないとの考えを強調した。
感情的な意見であることは百も承知の上ですが、大賛成です。

実現、まして日本に導入となれば、ほぼ不可能だろうとは思います。
しかし、それでも世の中、懲りない性犯罪者、そもそも悪いことだと思ってない性犯罪者がいて、被害にあう女性や子供が後を絶ちません。
どっちの人権優先かって言えば、当然被害者でしょうし、善良なる市民を守ることでしょう。
まして去勢が過酷な刑罰だとしても、最初から強姦なんぞしなきゃいいんですから。




私が、性犯罪について、他の犯罪と異なる部分があると思うのはここです。
やむをえずという、言わば情状酌量の余地がないのが、性犯罪だと思います。
実際には、妙な理屈を捻り出して、だから仕方なかったんだとか主張する犯罪者はいますが、世の中の共感を得られる理由はないでしょう。

人を殺すのも、物を盗むのも、犯罪です。
しかし、そこまで追い詰められた気持ちになることが、時にあることは、多くの人が理解するでしょう。
飢えて何日も食べていない人が、つい万引きしたとか、介護に疲れ果て、とうとう手にかけてしまったとか、何れも犯罪ではありますが、そこまで追い詰められた加害者の気持ちには、同情する部分があります。

しかし、性犯罪の場合、そこまでしないといけない程追い詰められるってことはありません。
しないと生きていけないってことはないんですから。
性風俗産業も、是非はともかくありますし。
やむをえず強姦しましたって状況は、私には浮かびません。
精々、やらないと殺すと脅された場合くらいでしょうが、戦時中などの特殊で悲惨な状況以外、そんなケースが多いとは思えません。
それ故に、性犯罪に対しては、断固とした処遇と、再犯防止策が必要だと考えます。

そう考えれば、去勢というのは再犯防止にも、また抑止効果としても抜群じゃないかと思います。
フランスでも実現するかどうか難しい案だと思いますが、実現して欲しいものです。
[PR]
by catsmoon | 2007-08-21 13:00 | 雑感
<< 犯罪者にさせない PageTop iGrave >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon