-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
医療資源は有限だ
2007年 08月 30日 |
<救急車事故>搬送中の妊婦流産 大阪 by エキサイトニュース
既に話題になっていて、例によって頭の悪いマスコミが感情的な報道を垂れ流しているニュース。
29日午前5時10分ごろ、大阪府高槻市富田丘町の国道171号交差点で、妊娠中の奈良県橿原市の女性(36)を搬送中の救急車と軽乗用車が出合い頭に接触した。搬送先の高槻市の病院で、胎児の死亡が確認された。女性は119番から車中で約1時間半も受け入れ先が決まらず、橿原市から約41キロも離れた高槻市の病院へ運ばれる途中だった。昨年8月には、奈良県の妊婦が転送先が見つからずに容体を悪化させて死亡しており、救急体制の不備が浮き彫りになった。
正直に言って、医療問題についてはもう書きたくなかった。
医療問題に関して、あくまで感情的な意見に終始する人と、冷静に背景を調べようとする人との差は歴然としてきたように思う。だから、知っている人は、私が戯言を書かなくても知っているし、聞く気がない人には更に、私が書く戯言など意味がないと感じるから。



それに書く以上は、最低限、さっとネットを見回してわかることくらいは読んでからでないと書けない。
しかし、この手の医療問題に関する記事は、読んだ後が不愉快になる。
最初から悪意と決めつけて、感情的な誹謗(きっと書いた人は正当な非難だと思っているのだろうが)でしかない記事が、相当数、必ず混じっているからだ。

それでもやっぱり書いておく。

まず、幾つかの記事を読んでわかったこと。
1)今回の事故では、妊婦さんは妊娠に気付いていなかったらしい。
かかりつけ医がいなかったらしい。
(8/31修正。気付いていたのかどうか、正確なところが不明でした。申し訳ありません)
だから搬送先を探している段階では、確実に20週とは言えなかったろうということ。つまり20週前後じゃないかという情報になり、そうなると22週を越えている可能性が否定できなかったろうということ。
2)妊娠22週を過ぎると、出産になっても胎児が生存する可能性があり、つまりNICUの空きや小児科医の待機が必要となったこと。
3)かかりつけ医がいなかったため妊婦さんの詳しい情報がなかった。その上、交通事故の影響があるかもしれないことを考えると、産科医、外科医、麻酔科医、小児科医など複数の医師が対応できる病院でないと受け入れは困難だったろうということ。
4)奈良県では、大淀病院に対するマスコミの誤報、バッシングにより、既に産科は壊滅していて、状況は更に悪化していたこと。そのあおりを食って、北部や周辺の地区でも産科は厳しくなっていて、受け入れ可能な病院はなお少なくなっていたこと。
5)交通事故の前に既に女性は破水していて、胎児の生存はほぼ期待できない状態だったらしいこと。仮にその前に病院に辿り着いていても、時期を考えると流産を防げたかどうか、かなり難しかったらしいこと。

今回もあちこちのブログを読んでいて、「緊急時なのに受け入れないのは医師の怠慢なり悪意なりのせいに違いない。酷い!」という論調は幾つも目にした。
以前に比べると、医師や病院を問題視するのではなく、行政の責任に目を向ける記事の割合が高くなったように感じたのが救いだったが。

そこで下記が気になったために、渋々書くことにした。
・何の根拠もなく、医師の悪意か怠慢だと決めつけている人が相当数いたこと。
・緊急時なんだから、どうにかして受け入れるべきという意見が相当数あったこと。

まず、その時、満床かどうか、医師の手が空いているかどうかは別にしても、上記3を達成できる病院は非常に少なかったろう。
当直にしても、全部の科の医師が必ずいる訳じゃないから、産科医がいない日も当然あるだろう。
仮にいたとしても、一人、よくて二人が精々。
そして、上記3を満たす可能性のある規模の病院の中で、更にその時点で満たしている病院は更に少ないだろうと思えば、その数少ない病院の産科医が全員手が塞がっている可能性も、十分にあると思う。
何せ、奈良、大阪辺りで問い合わせた(つまり3が可能かもしれないと思われた病院)数が10だという。
その中で実際に産科医が当直していた病院が幾つあったかはわからないが、最大で10だ。
県一つで、お産や切迫流産などの患者が同時に10人いても不思議はない。医師は人間で、聖徳太子や千手観音じゃない訳だから、一度に処置できる患者は一人だろう。一人が正常分娩だったりして看護師に手伝ってもらいつつ頑張っても、何せ看護師の内診も認めないご時世だ、精々二人がいいところじゃないだろうか。
更に満床の可能性、麻酔科医やNICU等の手配が付かない可能性も考えれば、最大数を見積もるのさえ厳しいと思う。

そう考えてくると、緊急時だからこそ受け入れられる施設の数は少なくなるし、その少ない数の病院の当直産科医が全員忙しい可能性は無視できない高さだろう。
いかに少子化だと言っても、県全体の妊婦の数を思えば当然だ。
それなのに、一体、何をもって医師の怠慢だと考えるのか。

産科医不足は既に常識と化しつつあって、大きな病院でも産科医が一人か二人しかいないという病院も増えているそうだ。これは当然昼間の話だ。まして夜ともなれば、医師だって休まないと死ぬから、家に帰っている。
それも当直でなくとも急に患者が産気づいて呼び出されることもあるだろうから、数人いる医師で交代するとしても、まともに家で寝られる日はとても貴重だということになるだろう。
休養を与えなければ、医師も過労で倒れる。従って、呼び出せばいいじゃないかという意見も暴論だ。
急患が発生するのは一日だけのことじゃないからだ。二日ぶり、三日ぶりにまともに家で休んでいる医師を叩き起こして呼び出したら、翌日からまた仕事で、医師は三日も四日も休めない(眠れない)ってことにさえなりかねないのだ。
しかも、そんな疲労困憊した状態で、翌日、手術でもあったら?患者だってたまらない。

感情的に医師を非難する人達は、こういったことを知ってなお受け入れろというのか?
それでもなお、どうにか出来たはずと思うのだろうか?
だが、まさか今現在、治療を受けている患者を放り出せとまでは言うまい?

感情的な非難を読んでいて感じたのは、どうも医療資源は有限だということがわかってないんじゃないかということだ。
病院に行きさえすれば、打出の小槌のように、医師が無限に湧いてきて、何でも必要なものは揃うのが当たり前だとでも思っているのだろうか。
だから、出来なかった、不可能だったということを素直に認めることが出来ず、出来たはずだ、出来たはずなのに受け入れなかったんだと考えるのだろう。
そうでなければ、上記のようなことを無視して、医師の怠慢、悪意だと決めつける理由が理解できない。

だが、百歩譲って、たまたまそういう医療に関する現状を知らなかった、そういうニュースを見逃していたとしよう。
だとしたら、そのような国民に対し、これはこういう難しい状態だったのだ、こういう問題が背景にあるのだと伝えるのがマスコミの仕事だろう。
しかし、今回も「たらい回し」と最初は報道し、医師が悪いという偏見を植え付けるような報道が目につくばかりだ。

国民もそろそろ、本当のところ医療がどうなろうと売れればいいんだというマスコミの姿勢に気付くべきだろう。
そのマスコミの姿勢と鵜呑みにする国民が奈良南部の産科を叩き潰し、今回の受け入れ先探しを難しくしたのだ。

医療資源は有限だ。
それも、かなり少ない貴重な資源なのだ。
間違っても、いつでも当然充足しているというものではない。

いつでも当然のように充足させていろと思うなら、医療費抑制(=医療資源を減らす)を目指し続けている政府を非難すべきだ。
医療資源の枯渇は、現場労働者である医師の責任ではない。

※8/31 毎日新聞記事引用の後、末尾に加筆しています。
<救急車事故>搬送中の妊婦流産 大阪 [ 08月29日 11時48分 ]

 29日午前5時10分ごろ、大阪府高槻市富田丘町の国道171号交差点で、妊娠中の奈良県橿原市の女性(36)を搬送中の救急車と軽乗用車が出合い頭に接触した。搬送先の高槻市の病院で、胎児の死亡が確認された。女性は119番から車中で約1時間半も受け入れ先が決まらず、橿原市から約41キロも離れた高槻市の病院へ運ばれる途中だった。昨年8月には、奈良県の妊婦が転送先が見つからずに容体を悪化させて死亡しており、救急体制の不備が浮き彫りになった。

 府警高槻署の調べでは、軽乗用車は大阪府茨木市の自営業の男性(51)が運転。他にけが人はなかった。同署は、事故と流産の関連を捜査している。

 女性は同日午前2時44分ごろ、橿原市内のスーパーマーケットで買い物中、「下腹部が痛い」と訴え、同居の男性を介して119番通報した。奈良県の橿原消防署(中和広域消防組合)の救急隊員は同県立医科大に受け入れを要請したが、「手術中のため不可能」と回答された。このため、同消防署は大阪府内の産婦人科などに要請したがいずれも「処置中」などを理由に断られ、10施設目(連絡は延べ12回目)の高槻市の病院に決まったのは同4時19分だった。かかりつけの医者はいなかったらしい。

 高槻市消防本部によると、女性は妊娠20週目だったとみられるという。

 橿原消防署などによると、女性は搬送中の午前5時ごろ、救急車内で破水を起し、その約10分後に事故に巻き込まれた。病院に着いたのは、通報から約3時間後の同5時46分だった。

 同消防署予防課は「事故による容体の変化は見られなかった。流産との関連は警察の捜査に委ねたい」と話している。

 昨年8月には、奈良県の大淀町立大淀病院で、分娩(ぶんべん)中に意識不明になった妊婦が転送を同県と大阪府内の19病院に断られた末、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)に運ばれ、約1週間後に死亡した。これを受け、国は今年度中に、総合周産期母子医療センターを整備することとしていたが、奈良県など4県で困難な状況に陥っている。

 奈良県では、緊急に高度な治療を要する妊婦を県外の病院に転送する比率が、04年で約37%に上り、全国最悪のレベルだった。母体・胎児の集中治療管理室(MFICU)を備えている病院も、県立医科大学付属病院(橿原市)と県立奈良病院(奈良市)の2カ所だけ。

 奈良県は未整備だった「総合周産期母子医療センター」を来年5月に設置。母体や新生児の救急搬送に対応する予定だった。


8/31加筆
産経新聞論説より
それにしても、痛みをこらえる患者をたらい回しにする行為は許されない。理由は「手術中」「ベッドがない」といろいろあるだろうが、患者を救うのが医師や病院の義務である。
どうやら産経新聞は「無い袖は振れぬ」ということを知らず、病院に行けば医師は勝手に湧いてくると思っているらしい。
あるいは、ベッドがあれば、そこに寝かせておくだけで医師がいなくても治ると思っているのか。
それとも、医師が必死で治療している他の患者を放り出せってことか?
一体全体、医師を何だと思っているのだろう?要求すれば何でもできる魔法使いだとでも?
[PR]
<< 医療資源は有限だ2 当直医の仕事 PageTop 撫子スキン配布 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon