-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
奈良県立医大付属病院の発表
2007年 09月 01日 |
私は記事のうち、ほとんどが引用というのは好きじゃありません。
ですが、これは記事として、色々な人に読んで欲しいと思います。
だから、余計なことは書きません。
読んでみて下さい。
それでも、受け入れなかったのは怠慢だ、医師が悪いと言えますか?
医師を罵って心が痛みませんか?

※ 検索からおいでになった方へ。
この記事は、「医療資源は有限だ」から続く一連の記事の一部として、できればお読み下さい。私の考えは、むしろそれらの記事に多く書いています。




奈良県立医科大学附属病院ホームページお知らせより。
今般の妊婦救急搬送事案について

 去る8月29日、救急搬送中の妊婦さんが不幸にも死産に至りましたことについて、誠に遺憾に感じております。
 今回の事案につきましては、マスコミを通じて、様々な報道がなされているところでありますが、当病院の産婦人科における8月28日から29日にかけての当直医師の勤務状況や当病院と救急隊とのやり取りについて調査しましたので、その結果を公表いたします。
 緊急患者を受け入れるためには、患者様の診察や治療に対応できる医師の有無が重要な要素でありますが、産婦人科の当直医は、別紙に記載したような過酷な勤務状況でありました。
 なお、産婦人科に限らず、救急科、脳神経外科、心臓血管外科、麻酔科等の医師も同様の状況であることを付け加えておきます。
 当病院は奈良県の中核病院として、医師等の不足の中、各部門が一丸となって、日々約2,600人(外来1,800人、入院800人)の患者様の診療に努めているところであり、今後とも県民の皆様の健康と命を守るため、質の高い医療の提供に努めて参りますので、引き続きご理解、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

平成19年8月31日
奈良県立医科大学附属病院長 榊 壽右
平成19年8月28日の当直日誌記録より
(産婦人科当直者 2名)

日 時    対 応 内 容

  • 8月28日(火)
  • 19:06    前回帝王切開した患者A(妊娠36週)が出血のため来院
           診察終了後、患者A帰宅
  • 19:45    重症患者B(妊娠32週) 妊娠高血圧のため搬送入院、病状管理に努める
  • 23:00    重症患者Cの手術終了(9:00~手術開始)
           医師一人が術後の経過観察を実施
  • 23:30    患者B 早剥のため手術室へ搬送、緊急帝王切開実施(00:08終了)

  • 8月29日(水)
  • 00:32    患者Bが病室に帰室
           重症であったため、医師一人が朝まで術後の処置等におわれながら、他の患者への処置等を応援
           当直外の医師1名も、重症患者の処置応援にあたり2:30頃まで勤務
  • 02:54    患者D(妊娠39週) 陣痛のため緊急入院、処置
  • 02:55    救急隊から1回目の入電(医大事務当直より連絡があり、当直医一人が事務に返答)
           「お産の診察中で、後にしてほしい」
  • 03:32    患者E(妊娠40週) 破水のため緊急入院、処置
           (患者Eの入院により、産科病棟満床となる)
  • 04:00    開業医から、分娩後に大量出血の患者Fに関する入電があり、搬送依頼あるが、部屋がないため他の病棟に交渉を開始
  • 04:00頃     上記の直後に救急隊から2回目の入電(医大事務が説明したところ電話が切れる)
           「今、医師が、急患搬送を希望している他医療機関医師と話をしているので後で電話をしてほしい」
  • 05:30    産科満床のため、患者Fを他病棟に緊急収容
  • 05:55    患者Dの出産に立ち会う
           その後も、患者Fの対応におわれる
  • 08:30    当直者2名は一睡もしないまま、1名は外来など通常業務につき、他1名は代務先の医療機関において24時間勤務に従事

  • [PR]
    << 貴方ならできる? PageTop 医療資源は有限だ2 当直医の仕事 >>
    XML | ATOM

    個人情報保護
    情報取得について
    免責事項
    Blue Paper Skin by Sun&Moon