-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
医療現場の労働環境と診療報酬
2007年 11月 15日 |
労基立ち入りの病院・診療所、8割超で違法行為 by YOMIURI ONLINE(読売新聞)
全業種の違反の割合は平均7割弱で、医療現場の過酷な労働環境が浮き彫りになった。
立ち入り検査したところ、病院、診療所の8割以上が労基法違反というニュース。

医療現場の過酷な勤務は、随分知られるようになってきたと思うが、想像以上に酷いと言うべきか、やっぱりと言うべきか。
なのに、経済界や財務省は診療報酬を引き下げると主張している。
(診療報酬削減3.6%の破壊力 by 新小児科医のつぶやき)

当然、反対意見もあるが、引き上げられる可能性に至っては、ほとんどなさそうな気がする。
(<診療報酬改定>引き上げ?引き下げ?中医協で攻防始まる by エキサイトニュース)

だが、昨今、原油高で物価は上昇する一方。
診療報酬というのは、医師の給与という意味じゃなく、必要経費を全て含んで病院に支払われる金額だから、物価は上昇しているのに売上高が減ったら、労働環境が改善するはずがない。
まして、既に診療報酬は何度か引き下げられている。



そもそも、日本の医療は、諸外国に比べてかなり割安で提供されていて、最初からギリギリ。
それを、物価は上がってるのに売り上げ(=診療報酬)は下げられて、潰れる病院も珍しくない。
公立病院なんか、大抵が赤字だ。
このような問題は、医療だろうが、他の業種だろうが一緒だ。
儲けが減って、潰れかねない状態に追い込まれた会社が、社員の労働環境改善などできるはずがないのだ。

金は減らすが、労働環境は改善しろ?
赤字になる報酬しかもらえなくても、患者を受け入れ、最高の医療を提供しろ?
挙げ句に、それでも経営を健全化し、黒字化しろ?
前提からして無理に決まってる。
寝言は寝て言えってところだ。

既に医療崩壊が叫ばれている現状で、なお引き下げるというのは、崩壊させたいのだとしか思えない。
もっと言えば、皆保険制度を潰したいのじゃないかと勘ぐりたくもなる。

皆保険制度が潰れてしまえば、患者は全て自費でかかるしかなくなるから、国の財布は痛まない。
それどころか、一部だけは保険を認めるのだからと言って、今のように強制的に保険料は巻き上げておいて、支払いは極端に減らされて、大抵の病気は自費でかからないといけない状況になれば…。
増税と一緒だ。

そうなる頃には、病院も随分潰れて、過酷な勤務に疲れた医師もいなくなり、自費だろうが何だろうが、診てくれる病院があるだけマシとなっている可能性も高い。
残った医師だって、こんな過酷な勤務状況で、給料は上がらず、どころか物価は上がっているのに給料を下げられて、一体、どれだけ意欲を保てるだろう。
そんな疲れ果てた医師に、患者はかかりたいだろうか。

経済界や財務省は、国民の健康なんか考えてない。
企業が負担する保険料、国が払う福祉や医療の金を減らしたいだけだ。
ただ金だけで考えてはいけない分野に、金のことしか考えない人達が一番発言力を持っていることが間違っている。
その本質を誤魔化すように、診療報酬引き下げは医師の給料が高いからだと、診療報酬が何を指しているのか、読者をミスリードするような記事を書くマスコミも間違っている。
そして、困ることになるのは自分達だと言うのに、深く考えることもせず、それらにNoを言うこともしない国民が一番間違っている。
[PR]
<< Lightblue Brown... PageTop White Frame L(2... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon