-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
あの事件から二年
2008年 02月 18日 |
ご存じの方も多いと思いますが、福島大野病院事件から、2年が経とうとしています。

「今年も2.18企画」 新小児科医のつぶやき
こちらからキャッチフレーズとバナーを頂いてきました。
b0052317_02437.gif
我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
ここに謹んで私も賛同を表明させて頂きます。

被告となった医師が、人生を大きく狂わされ、今も辛い日々に耐えていること、この事件によって産科医療の崩壊が確実に進んだこと、2年経っても何も良くなっていない、むしろ悪くなったように思いますが、こんな動きも出てきているようです。

医療再生を願うネット市民の会
発起人 なあ様より、コメントにて発足をお知らせ頂きました。
医師ではなく、市民からの声であることが何よりも素晴らしいと思います。
まだ希望は残っていると感じました。



福島大野病院事件以後、「不満な結果になったら、医師のミスや怠慢であるという説明以外は受け付けず、本当にやむを得なかったという説明は、事実がどうあれ言い逃れである、不誠実な態度である」と解釈する患者、遺族、マスコミ、警察の姿勢が、ささやかにではなく、当然のような顔で闊歩するようになりました。

「医師がミスをしていないのに、何故死んだのか」
即ち、医師がミスをしなければ、人は死なないはずだ。
どうやら私が知らない間に、人間は不死になっていたようです。
こんな荒唐無稽なことが、当たり前のように口に出されます。

No doctor,No error.
医師がいなければ医療ミスもない。
つまり、(逮捕されたり、逃散したりで)医師はいなくなり、医療ミスもなくなった、これで望み通りだろう?という皮肉。
二年たって、こんな皮肉な言葉が、着々として事実になりつつあります。

私が医療問題に関心を持ち始めた頃、医師のブログでは、まだ何とか医療の崩壊を押し止めようという議論がなされていたように思います。
けれど、近頃ではもう見なくなりました。
最早、引き返せる峠は越えたと。
医療崩壊は押し止められない、来る焼け野原を如何に生き延びるか、そんな視点になってきているように感じます。

一方で、近頃になって漸く、本当に遅すぎる程漸くなのでしょうが、マスコミの報道の姿勢が僅かながら…これまた本当に僅かながら変わってきたように見え、また、それに応じて、医療関係者以外の人の中から、理解の声が上がり始め、広がりつつあるように思います。

医療崩壊を止めるにはもう遅いのかもしれませんが、それでも、明日は来るのです。
その明日が、少しでも良い明日であるよう、そのために、国民の理解が進み、医療を救えという声が上がることは無駄ではない、価値があることだと思います。
[PR]
<< 人権擁護法案復活の危険 PageTop 電脳超合金 タチコマ発売! >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon