-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
カテゴリ:古い記事( 60 )
|
2004年 11月 17日 |
春眠暁を覚えずとは有名な詩の一説ですが、私は春夏秋冬、とにかくネムイ。
どうしても絶対に何が何でも起きなくちゃいけない時は、結構起きるんですが、日頃は放っておけばいくらでも寝ます。
それでも早寝はしません。

で、面白いものを見つけました。
値段とサイズの問題で買うのは論外ですけど(^^;
「おこし太郎」

なるほど流石JR御用達。
容赦ないです、これ。容赦なさすぎて笑えます。
目覚まし時計じゃなくて、目覚まし装置。
市販されているそうですけど、どんな人が買うのでしょう?
[PR]
2004年 11月 16日 |
本日の敵はPerlではなく、Java Script。
クリスマスイベントのための仕掛けの準備をしていたんですが。
やりたいことは簡単に出来ましたが、一つだけ、パスワード入力をボタンクリックだけでなく、パスワード欄に入力してReturnキーでいけるようにしたかったのです。
キーボード叩いていた手を一度マウスに戻してクリックって面倒なので。
ところが、これが簡単そうに見えたのに上手くいかない。
何故〜〜〜?
イベントハンドラをonClickになってるのを、onSubmitとかonChangeとか、色々試してみたんですが。
むしろシンプルなだけに弄り方も限られていて、何故上手くいかないのかさっぱり。
まさか出来ないの?って気もしてきますが、まさかねえ。
これだけのことで、ボタンを押しさえすればちゃんと上手くいくのだから諦めればいいんですけどね。
[PR]
2004年 11月 10日 |
私が使っているHotmailのアカウント、容量が250MBになりました。
思えば、夏にとかいう予告が出てから何ヶ月たったでしょう?(^^;
無料で使ってるのですから、勿論文句言えた義理ではないんですが。
これで、とりあえずほっとしました。
それにしても、お知らせも何もなく、唐突に使用状況のMaxが250MBになっていたので、一瞬、ええと、元からこうだったっけ?とか考えてしまいました。

実のところ、増えるのがあまりに遅くなったので、とうに諦めて、他のアドレスにちみちみ移行していたので、現在はhotmailの使用率はかなり下がっています。
いいことでも、期限を予告したのを大幅にぶっちると、有り難がられるより、むしろ駄目だという評価を受けるということでしょうか。
私も、これが無料サービスだったので黙ってましたが、有料だったらとっくに文句言ってたでしょう。
予告されれば、こちらはそれを予定に組み込むのですから。
そういう意味では、今回のHotmailのやり方は、折角こんなに容量を増やしたというのに、損なやり方をしたものだと思います。
いっそ予告しないでやれば、突然の思わぬ贈り物に感謝されたでしょうに。
勿体ないなあ。
[PR]
2004年 11月 08日 |
サイトで、私は定期的にイベントを組むようにしてます。
ネタになるような面白いシチュだけを設定し、後は自由に遊んでもらうというのが私の組むイベント。
多少ゲーム風に目的を設定していても、達成にこだわるより、色々なキャラと出会い、会話を楽しんで欲しいと思っています。

で、定期的にやる場合、ネタが尽きるのですよ_| ̄|○

季節物の場合、前回が好評であったらまた…でもいいのですが、できれば新しいネタを組みたい。
が、なかなかどのキャラでも参加しやすく、色々と楽しみやすいというネタを考えるのは大変でして。
なので日頃から、これはネタにならないかなと思えばせこせこ調べてストックしておこうとしているのです。

今回思い付いたのは移動遊園地。サーカスも考えましたが、ロールでやる場合、観るだけとなるサーカスよりキャラが乗ることができる遊具のある遊園地の方がいいだろうと。
調べましたとも。
綺麗に情報がまとまったサイトがなかったので、あっちこっち、色々なキーワードで調べて、いつからあり、どのような遊具が初期からあったのか。

19世紀でした_| ̄|○

狂月用イベントとして考えていたので(猫には雰囲気的にいまいち(^^;)19世紀はNG。
猫は19世紀OKですが、狂月は18世紀までなのです(T-T) ウルウル
このように必死で調べても使えないということもよくあるのでした。
[PR]
2004年 11月 06日 |
キャラ茶はしないし、そういうサイトがあるかどうかも知らないけど。

京極夏彦氏の作品が好きです。
知らない人には以下の文、訳がわからないでしょうがお許し下さい。

氏の作品と言えば、京極堂(中禅寺)、榎木津、関口、木場など個性的というか、あれなキャラクターがわんさか。
ちなみに、私、ありきたりですが京極堂が好きです。
で、ふと思ったのは…これらのキャラでなり茶(キャラ茶)やったら面白いだろうなあと。
自分がやるなら…?
京極堂は無理、絶対。
蘊蓄は調べてやるとしても、あの話術は絶対無理。
榎木津は?
無理、どうやっても私は卑小な凡人、いかに努力してもあそこまで突き抜けることは無理。
関口…も無理だなあ。
あそこまで卑屈にはなれない。
絶対途中で切れちゃうよぅ。
木場………無理。
なんとかやれる?と思ったけど、やっぱりあそこまで馬鹿にはなれない。
私は打算的だから。
うううん、主要な登場人物は全部無理じゃないか。
では、益田とか鳥口なら?
うん、そのあたりならやれそうだ。

つまり、私はとことん凡人だってことなんだけど。

でも。
なら主要登場人物をやれそうな人がいるだろうか?
知り合いを数人思い浮かべてみる。
…無理、だろうなあ。
皆さん、とっても上手な方ばかりなんだけど、やはり常識のある人間にこれらのキャラは無理だと思う。

というわけで、あっという間に京極氏の作品のキャラ茶は無理だという結論になったのでした。

京極夏彦作品研究
わからないけど、気になる方はこのサイトへどうぞ。
主要登場人物の大雑把な説明があります。
でも、キャラ達が如何にアレかは、多分作品を読まないとわかりませんw
[PR]
2004年 11月 02日 |
狂月も猫目月も、ハロウィンイベントも、パラレルイベントも終了。
猫目月は、恐らく次回イベントはクリスマス。
狂月は11月中に別のイベントを一つやりたいのだけど、まだネタが浮かばない。

リクエストを見ると、やはり人気は媚薬系。
でも、媚薬系も口実が難しくて(^^;
今、場繋ぎにイベント部屋を茸森にしていて、おみくじ機能を使って茸を見付けることが出来るようにしてあり、中に媚薬ならぬ媚茸を混ぜていますが、せいぜいこのくらい。

何が難しいって、媚薬アイテムを考えること自体は簡単なんだけれど、各キャラがそれに巻き込まれる口実が難しい。
例えば、媚薬キャンディーとか作ったって、普通の人間はいきなり盛っちゃうのは困るから、そんなもの使いません。
なので、常識あるキャラ達が、それでも巻き込まれるというシチュを考えなくちゃいけないわけで。

前回は、花でした。花の香りに媚薬効果があり、それが街中、いたるところに咲いているものだから、否応なく巻き込まれるとしたんですが。
いや、花って便利(笑)
が、毎回、毎回花にする訳にもいきません。

それにイベントには出来るだけ季節感を盛り込みたいのですが、11月ってのがまたネタが少なくて(-"-;

何かないかなあ、とか考えているうちに、またもやこんな時間。
明日こそ、少しサイトに顔だそう。
ブログでばっか遊んでる場合じゃない(^^;
[PR]
2004年 11月 02日 |
サバイバルウラナイ2000という占いのサイトを発見。

面白そうなのでやってみました。
<結果>
*仕事
マザー・テレサ落ち着き系
人が困っているとき、必ず救いの手を差し伸べられる優しいあなたは、社内でも評判がいいはず。
ただし、妙に冷静すぎるところが若者らしさに欠け、上司などから「いけ好かないヤツ」と思われている場合も・・・。

*恋愛
所ジョージ系・恋は二の次派
「俺(わたし)は仕事に生きるんだー!」が口癖。
休みの日は、ゴルフ、釣り、スキー・・・など、趣味や遊びを優先し、あまり恋人と共にする時間を割きません。
共通の趣味を持っていない異性との付き合いは難しいでしょう。
「私のことなんだと思ってるの?」というイタいセリフを浴びせられることもしばしば・・・。

*社交性
中村主水誠実派
あなたはまさに、「寡黙な仕事人」といったカンジの人。
口数が少ないので、
「何考えてるんだろう?」と思われがちです。
けれど本当は、心温かく、誠実な人なので、付き合いが深くなるほど信頼を得ることができます。

ううん。
仕事は外れだと思うなあ。
冷静というか、うろたえた顔を出さないのは職業柄ありとしても(でも、多分ばればれだと思う)
求められれば出来ることはするけど、そうでなけりゃ助けは出さない。

恋愛、外れ…と言いたいが。
舞い上がっている時は、恋人のことばかりになるんだけども、確かに、付き合いが落ち着いてくると趣味優先。
現在も、つまりネットばっかしてるわけだし(^^;
でも、仕事の方が優先にはならない。
趣味>恋愛>仕事か?_| ̄|○

社交はそうかも。
寡黙ではないんだけど、警戒が薄れるのに時間がかかる口で、一見そう見えるかもしれない。
あまり他人を寄せ付けたくないという意味では当たりと言えるかな。

まあ、どんな占いでも、当たってると思って見れば当たりに見えるし、外れと思えばそうも見える。
これもそうでしょうか。

でも、この占い、フラッシュでゲーム風になってるので、ちょっとやってみてもよいと思います。
それにリンク集に、他の占いものっていて、占い好きな方にはよいかも。
[PR]
2004年 11月 01日 |
PBCと言われるなり茶。
一口に言えば、チャットでPL(プレイヤー=素の自分)としてではなく、C(キャラクター=サイト内世界に合わせて作ったキャラ)として、会話して遊ぶものです。
が、サイトによって、実に色々。
分類も色々されているようですが、確定したものはないようです。

分類も、どういう世界かでわけるもの、どういう遊び方が目的かでわけるものとあります。

世界で分けるというのは簡単で、つまり、現代日本が舞台だとか、中世ファンタジー世界だとか、未来SFだとか。

が、目的で分ける方が難しい。
というのが、大抵はいくつかが重なっているからです。
それと、目的という以前に、スタイルが全く違うというものもあり、分類は複雑怪奇になります。

スタイルが違うって?
つまり、キャラにしても、自分で作ったオリジナルキャラでやるサイト、コミックや小説など元ネタのあるキャラになってやるサイトという分け方がありますし、あるいは、人間だけ、想像上の種族もあり、人間だけだけど超能力ありとか、あるいは、男性キャラだけ、女性キャラだけなども。

あるいは、世界自体が対立など特定の構造を持っていて、みなで各陣営が勝利するようになどと、共通認識的な目的を持って遊ぶサイト。
逆に、各自、自由に、その場その場の会話を楽しむのであって、何か目標を達成するためではないサイト(シチュ茶とも言われます)

目的だって色々です。
バトルを楽しむサイト、エロを楽しむサイト、ラブを楽しむサイト、まったりを楽しむサイト、ライトな会話を楽しむサイトetc.

で、これらの分類がきっちりあればいいのですが、実際はわかりやすく、広く認められた分類もないのが現状ですから、同じPBCといっても、選ぶサイトによって、中身は全然違ってくるというのに、ぱっと見ただけで、そのサイトがどういう遊び方をするサイトであるか掴むのは結構難しかったりするのです。

ちなみに、狂月も猫目月も、中世・近世欧風ファンタジー、街・世界型、ラブとエロを目的に特化、共通目的はなく、その場その場の会話だけを純粋に楽しむシチュ茶型というのは同じです。

シチュ茶って何だろう?

これは、極論すれば、普通のチャットと同じ会話をするPBCです。
どういうことかと言うと、キャラになりきって、その世界の中で行動し、当然描写も必要だというのは同じなんですが、それをして何を楽しむかと言えば、つまるところ、普通のチャットでおしゃべりするのをキャラでやること、そのものです。
目的はおしゃべりなのです(笑)
キャラ同士知り合って何か冒険をするとか、敵陣営に勝つとか、あるいはキャラを育てて強くするとか、はたまた何かの謎を解くとか、そういうシナリオや、共通の目的は一切ありません。
そういう目的のあるサイトの場合、おしゃべりは手段になります。
おしゃべりすることで、仲間を見つけるとか、アイテムの情報を得るとか、解答にいたるヒントを見つけるとかして、目的に近付こうとするのです。
つまりロールは一回きりで終わりではなく、次に繋がる流れの中で捕らえられ、目標到達までにどんな道のりを選ぶかを楽しむのですね。

ところが、シチュ茶の場合、イベントなど一見何か目標があるように見えることがあっても、それは色々なキャラと知り合い、いつもと違う会話をするためのネタにしか過ぎません。
単発なんです、ロールが。
当然、キャラ同士が親しくなれば、また会っておしゃべりもします。
でも、楽しみたいことは、その瞬間、キャラが何を思い、どういう会話をするか。
次があるとしても、それは偶然の結果に過ぎないのですね。

これは、実際のロールを見ても、実は一目で区別はつけにくいです。
なぜなら、見た目、同じことをやっているように見えるからです。
ですが、PLの意識は全く正反対と言っていいほど違います。

では、どこで違いが出てくるか?
例えば、ある特殊なアイテムを入手するというイベントがあったとします。
シチュ茶なら、これもネタに過ぎません。
それを口実に、普段キャラがいかないところに行き、会わない人に会い、しないことをする。それによって、いつもと違うおしゃべりを楽しむのが目的です。
なので、ヒントを探しにいって、知り合ったキャラと話がはずみ、アイテム入手なんてどうでもよくなったりなんて、ざらです。
それでいいんです。
おしゃべりが楽しいなら。
むしろアイテム入手にこだわって、相手のキャラと感情の交流が持てないなら、それはつまらないロールと認識されます。
その時が楽しめれば、次はどうでもいい、あるいは次は次でまたその時だけを楽しむ。

ところが、シナリオ系などの場合、あくまでアイテム入手に向けてロールは前進しなくてはなりません。
従って、知り合ったキャラと相談して一緒にアイテムを探すとか、あるいは、何とか相手を妨害して自分が先に見つけようとか、そういう風に目的が進まないと駄目で、おしゃべりに花を咲かせて、アイテムのことなんか忘れてたじゃ駄目なわけです。
当然、ロールも一回じゃ終わりませんから、アイテム入手に向けて次はどういう風にロールをやっていくかを考えながらになります。

つまり、見た目はアイテム入手についての会話をしているロールということで同じに見えても、PLの意識は全く違うのです。

ですが、通常、こういった区別を意識してロールする人はいません。
ただ周りのロールを見、自分の好みと照らし合わせて、居心地いいな、楽しいなと思うサイトで、周囲に合わせてやっていくのです。
その結果が前者になったり、後者になったりします。
それで十分なのですが、もしそのサイトでどこか違和感を感じる、何か噛み合わないといったことがあるなら、もしかして自分が思っていた、自分の好みとジャンルが違うサイトなんじゃないかと考えてみるのもよいと思います。
[PR]
2004年 11月 01日 |
エキサイトでは、こうさぎはデフォルトのタグじゃ設置できないのですけど、色々と調べて設置。
猫がえるじぇべーとなので、うさぎは狂月のキャラから名前をとってりゅぬに。
しかし…。
もうちょっとマシな言葉から覚えればいいのに_| ̄|○
まあ、私がマシな文章書いてないんだから仕方ないのですけど。

ところで11月。
車での携帯の使用が禁止になりました。
私はもともとハンズフリー使ってましたから、別に何も変わりはありません。
でも、面倒だって人はいるでしょう、きっと。
けども、私としては、いいことだと思います。実際、妙な運転してるなあと思ってみたら、携帯を耳にあててたとか、下手するとメール打ってるらしいとかよくあります。
あれは危なすぎ。
本人が自爆するのはそれでも勝手ですが、他人を巻き込まれてはいい迷惑。
がっちり取り締まって頂きたい。
だだっ広く真直ぐな交通量の少ない歩行者のいない道で、こそこそと隠れてスピード違反を狩るより(なんでそれで30km/hr制限なんだか)
[PR]
2004年 10月 27日 |
サイトで使いたい素材などを探す場合、とにもかくにも厄介なのがこれ。
イメージ画像が欲しいなあと思って探し、フリー素材から見つけ出し、ひゃっほう!となればいいんですが、どっこい世の中そんなに甘くない。
私が欲しい画像というと、古い洋風建築の写真なんですが、ことに室内が欲しい。
ところが、こういうフリー素材ってのはまずないに等しい。
お城の外観の写真ってのは、よくあるんですが、中身はない。
しかるに海外のサイトや、有名なお城の公式サイトなどにいくと、これがまた涎ものの写真がゴロゴロあるわけですが。
行く手を阻むのは著作権。
指を咥えて眺めるしかない悔しさったら、もう。

海外のサイトだし、著作権たってばれないよという悪魔の囁きが脳内で聞こえるのは、そういう瞬間です。

でも、根が小心者なので、有名なお城だから、どの城の写真かわかるよね、そうするとそこの公式サイト行ったら同じ写真ってばれるだろうとか、そもそも、著作権法違反、つまりれっきとした犯罪行為をしてまで、せにゃならんことかとか、まあ、脳内でやりとりをして諦めるわけですよ。

方法はなくはないです。
ええ、写真を見て絵を描いて上げればいい。
これなら、著作権には触れません。
でも、誰が描くんだ、んな面倒なもん。
私は絶対やだ。

そして、今日も諦めるのです。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon