-Sun&Moon Blog-
catsmoon.exblog.jp
エキサイトブログスキン配布 (Mac OS10.5 Leopard・Safari) ★基本的にコメントにレスしません
by catsmoon
プロフィールを見る
画像一覧
Top | Out
カテゴリ:雑感( 299 )
|
2004年 11月 09日 |
色々な感情の中で、かなりコントロールが難しい部類に入るのがこれだと思う。
何も相手は恋人とは限らず、幼い子供なら親や友達、長じても、友達、先輩後輩、異性etc.
つまるところ、好意を感じる相手になら、それこそ会ったこともない芸能人相手にさえ抱けるものであったりする。

これらは、あまり持つとよろしくない感情だと言われるのだけれど、そんなこと言われたって、持とうとか持たないようにしようとか出来ないのが感情というものの本質。

問題は、それをどう表現するか、あるいは、TPOに応じた制御ができるかどうか、それのみ。

ちなみに、持たないふりは最悪。
持ってない、感じていないと無視することは、つまりないものを制御はできないので、いつドカンといくか、あるいは、ない振りで実は別の口実をつけてダラダラと垂れ流しになるか、何れかになるから。


ところが、どう表現するかが最も難しいのも嫉妬だろうと思うのである。
怒りや憎悪はまだマシだと思う。
何故なら、それらは大抵、なんらかの自分の利益を侵害されたからという理由がある。
何もないのに相手に怒りを感じたり、憎んだりはしないもんなのである。
たとえそれが八つ当たりだろうが、逆恨みだろうが、自分勝手な要求を断られたからであろうが、とにかく言い分が皆無ということはない。

しかるに、嫉妬というのは、ほんっっっっとに言い分をつけにくいのである。
恋人とか夫婦の場合、相方が浮気したから嫉妬するというならマシだ。これは言い分として認められることになっている。
ところが、相方は浮気していない、ただ相方に惚れている異性がいるだけとか、恋人じゃなくて友達だとか、そういうのになると、まさか貴方が好きだから、他の誰にも近付くな、近づけるなとは言えない。
それ、無茶だし、言えば逃げられる危険が大きすぎる。

そこで言わない、ないことにする、となるのである。
しかるに、嫉妬というのはかなり強力な感情なので、大概、だらだらと漏れるのである。
本人隠している心算でも、なんとなく不機嫌だとか、相手にとげとげしいとかで出てくる。
あっけらかんと、私、○○が好きだから、他の人と仲良くしてるの見ると妬けちゃうよと言えればいいが、なかなか言えないものだし、言ったからって、相手が他の誰とも親しくしないようになる訳でもないので、つまるところ、あまり状況は変わらない。

で、どうすればいいのか。
完全な対処法ってのはない!とまずは諦めることであるw
二人っきりで無人島にでも流れ着かない限り方法はないのである。
その上で、相手とより親しくなるべく励む。
例えば、恋人が犬を可愛がっても私は嫉妬しない。
犬より私の方が大事にされている自信があるからだ。
要するに、十分に自分が相手に好かれている、一緒に過ごせると思えば、嫉妬はかなり制御しやすくなるのである。

まあ、それが一番難しいという説もあるのだが。
[PR]
by catsmoon | 2004-11-09 00:37 | 雑感
2004年 11月 06日 |
また占いネタです。
今回の占いはサビじょん
基本は占星術なのでしょう。生まれた時の星の配置で色々占うのは定番です。
が、判定結果の出方が面白いし、画像がついて綺麗w

結果を乗せたいところなのですが、ここは転載禁止。
一応、人生目標など一生同じらしい結果が四つ。
今の気分など変わるらしい結果が二つ出てきます。

そのうち二つだけ結果にリンク。こんな感じで出ます。
人生目標
性格

当たってると思えば当たり、外れてると思えば外れというのは、他の占いと同じく変わりませんが、楽しいです。
ただ…私の結果。
人と関わり集団の中で生きていくことが必要という目標と、束縛を嫌い深い関わりを苦手とする(これは多分当たり)という性格。
無茶言うなよ。
[PR]
by catsmoon | 2004-11-06 16:43 | 雑感
2004年 11月 05日 |
さて、ソロソロ寝ようかと思って。
(今日は早寝だなあw)
ふと思い出した。

そういや、昨夜寝ようと思ったら地震があったのでした。
瞬間芸のように一瞬ぐらっと。
ええ、勿論ニュースやラジオなどの確認もせず、そのままさらっと寝ましたとも。

私は福岡在住ですから、新潟の地震とは関係ないでしょう。
でもって、福岡では地震はひじょーに珍しい。
おお、揺れた?
と思った瞬間、ワクワクしていたのは否定できません。
だってほんとに久しぶりの地震だったんですもん。
今現在地震の被害で苦しんでおられる新潟の方々には、非常に申し訳ないというか、不謹慎だとは思うんですが、ほとんど反射的にワクワクしちゃったものまでは止められません。
それも、大きな地震を直接体験したことがないからこそなんですが。
やはり福岡で大地震ってないだろうなと思っている。
根拠は全くなし。
単にこれまで地震が珍しく、大きな地震の経験も皆無だから。
それはこれからも大丈夫だという理由には全然ならないのはわかるのだけれど。

だから、もし福岡に大きな地震が来たら、何の備えもしていない、地震にも慣れていない私のような人間はそりゃえらい目にあうのでしょう。
うう、どうか大地震がきませんように。
そして、新潟の復旧が一日も早く成りますように。
あちらでは寒さに随分困っていると聞きます。
どうか少しでも長く暖かい日が続きますように。
[PR]
by catsmoon | 2004-11-05 01:26 | 雑感
2004年 11月 04日 |
来年のカレンダー、ネットで注文しました。
今日発送のメールが来ましたから、明日には届くでしょう。
ちょっと早いかなとは思ったのですが、今年は早々に注文。
何故かというと、毎年、年が明けて、下手すると二月頃になってから買ってたのですが、私の好きな和風のカレンダーって、その頃になるともうあまり残ってないのです。
で、今年はどんなのが出たかなと見てみたらば、なんと既に残り数わずかとなっていまして(^^;
それで慌てて注文したのでした。
お陰で好みの和風カレンダー、全部手に入りました。
むしろ逆にあれもこれも可愛い、でもかける場所は限られているし、どれにしようかと迷いながら選べました。

カレンダーを見ていると、まだ今年は二ヶ月残っていますが、来年はどんな年になるのだろうかと考えます。
子供の頃に比べて、あまり代わり映えのしない一年をくり返すようになっていますが、それでも歳々年々人同じからずということで、全く同じ一年はありません。
しかも、物悲しいことに、人は変わるということは同じでも、若い頃は次の一年はより成長していくものと信じていたのに、この年になってくると次の年は更に体力が落ちる、更に物覚えが悪くなるなど、老化というシビアな現実を確認するように。
流石にまだ老い支度という言葉が切実な歳ではありませんが、少しずつ考えはじめなくてはいけない歳でもあるのでしょう。
[PR]
by catsmoon | 2004-11-04 13:20 | 雑感
2004年 11月 04日 |
アメリカではブッシュ氏が当選し、オンラインに下劣の一言としか言い様のない動画が配信され(見てませんが、内容を聞けば他に言い様はない)
日々、様々なニュースがだらだらと流れて消えていくのだが。
大統領選と動画配信と、タイミングが妙に重なったのが印象的。

アメリカの理屈にしろ、テロリストの理屈にしろ、それぞれ言い分はあるのだろう。
どちらが正しいとか間違っているとか簡単に割り切れる方程式はない。
アメリカの正義とテロリストの正義は、その中で真っ向ぶつかるもので、今回の犠牲となった方は、いわば正義と正義の狭間で押しつぶされたと言えるのかもしれず。

人間は、自分が正しいと確信した時にもっとも残酷になるという説もあり、これは他者の価値観を圧殺するという点で言えば、何もパックス・アメリカーナとイスラムの対立などを持ち出さなくても、日常、どこにでも見られる光景。
正論や大義名分の陰に、実のところ自己の利を追求する欲求、欲望正当化の要素が必ず混じるのも恐らく同じ。
誰でも、自分に利のあることを求めたいものだし、そこに大義名分があれば、手加減無用となるのも簡単に責められはしないのだが。
流石にあまりに薄っぺらいアメリカの大義名分には飽き飽きしたというのは置いておくとして。

そのエスカレートに歯止めをかけるのは、理屈ではなく、日常的な常識の感覚なのかとも思う。
人を殺してはいけない、騙してはいけない、弱者を虐めてはいけない。
簡単なことだ。
何故もへったくれもない、それはいけないことなのだと、多くの人が日常思っているはず。
いかに自分が正しいと思っていても、だからといって普通、人は相手を殺さない。
それは、それが罪であるという意識を持った社会に生きているからだ。
その社会的な常識の感覚が、確かな手ごたえを持って堅牢に存在している社会に生きていれば、それを忘れ去って凶行に人をはしらせるのは難しくなる。
だが、その社会の持つ常識の安定感が脆い社会に暮らしていると、罪の意識は容易に忘れられるのかもしれない。

どのような文化に暮らそうと、人が殺され、我が子の死を嘆く母親がいるというのに、その死を道具として使い、弄ぶかの動画配信など許されることではない。
私がその母の立場だったら、それは耐え難いと思う。
これ以上の拷問はちょっと考え付かないくらいだ。
これは子を持つ人間、親を持つ人間なら、誰でも想像可能な残忍さ、醜悪さだ。
そして、そう感じさせるのが、常識の感覚だと思う。
正義よりも理屈よりも先に、それは罪だと感じること。

そして、それを底支えする社会の安定した価値観、常識を、ひたすら人間は壊し続けているのかもしれないと思う。
枠を壊せば自由になると思って既存の価値を破壊することは、足場を崩すことにも繋がる。
壊した後、何を代わりに支えとするか。
その代替の価値観は、壊されたものと同等の確かさを与えてくれるのか。
壊してから考えても遅いのではないか。
その歪みに押しつぶされるのは、常に、価値を破壊する強さを持つ者自身ではなく、まず弱者からなのだと考えれば、高みを見て是非を論じるより、まず日常存在する感覚を見直し、しっかりと握りなおすことから始めるべきなのではないかと思う。
[PR]
by catsmoon | 2004-11-04 12:35 | 雑感
2004年 11月 03日 |
女神幻想ダイナスティアという、女の子向けMMORPG(オンラインRPGですね)があると聞きまして。
アンジェリーク好きには、これは実にそそられるゲーム。
11月9日にデート機能を実装すると聞けば、なおのことです。
戦闘などむさい要素は排除、レベルアップもなし。
やりたい、やりたいw

しかし、リンクを辿る私の表情は暗い。
最初から諦めを漂わせつつ、クリック。
(ノ_-;)ハア…やっぱりね…。

※対応OS : Windows® 98SE/Me/2000/XP

わかってたわ、Macはオンラインゲームの世界からは、ほとんど締め出されていると言っても過言じゃないんですもの。
それでも、私はMacを裏切りません。
ビルゲイツなんか嫌いよ〜〜〜!
[PR]
by catsmoon | 2004-11-03 14:30 | 雑感
2004年 11月 01日 |
イラクの人質事件、最悪の結果になったようです。
ご冥福をお祈りします。

さて、このような時期にイラクに行くなど人騒がせ、あるいは、自業自得などと言うことは簡単なのだけれども。
そして、それは確かに一面の真実ではあるのだろうけれども。

一方で簡単に海外における危険の認識が甘いと言って片づけることも難しい気がする。
私なら、そういう所に行くか?と聞かれれば、ほぼ間違いなく行かないと言えるが、それはほぼに過ぎない。
イラクには行かないだろうが、危ないだろうなあ、と思いつつ、つい、ということは、ケースによっては滅茶苦茶ありうるからである。

危ないだろうなあ、でも大丈夫だろう、何とかなるだろう、自分は多分免れるだろう。
これは、実は普段から非常に多い。
何においてかというと、運転だったりする(^^;
ギリギリかな?でもなんとか…そう思って突っ込むということは、年中だ。

そして、イラクに行くのと、これは本質的には一緒だと思う。
事故になれば死ぬかもしれない。その危険を押してまで何故突っ込んだのか? 命を賭ける程急いでいたのか?と聞かれれば、否としか言えない。
理由はと聞かれれば、何となく大丈夫だろうと思った、としか言いようがない。
馬鹿だと我ながら思う。
それで事故で死んでいたら、ついうっかりじゃすまない。
すまないんだが、やってしまう。

何故だろうかと考えれば、やはり想像力の欠如というのが答えになる気がする。

事故のVTRは何度も見たことがあるし、実際の事故現場も見たことがある。
幸い、命に関わるようなものではなかったが、事故ったこともある。
にも関わらず、今、この時に突っ込んだら、そしてそれが最悪になったら、「自分は」どうなるかということを、とっさの時に想像できない。
頭に、事故でぐしゃぐしゃになった車の中で死にかけている自分が浮かべば、流石の私だってブレーキを踏む。
だが、浮かぶのは、運良く事故らずに、そのまま車を走らせていく自分だったりするのだ。

これを想像力の欠如と言うか、都合の悪いことだけ考えないと言うか、どちらが正しいのかはわからないが、どう言おうとやってることは同じだ。

そして、現在、既に夜中の一時を回っており、そしてさっさと寝なければ、明日の朝、寝不足でぼうっとした頭で車を運転することになり、つまるところ事故の危険が増えるのだが…。
やっぱり大丈夫だろうと、居眠り運転で事故っている自分の姿が浮かばなかったりするものだから、こうしてまだ起きて、だらだらと駄文を書いていたりするのである。
まこと、人間の愚かさに窮まりはないということか。
[PR]
by catsmoon | 2004-11-01 01:13 | 雑感
2004年 10月 31日 |
現在、私が運営しているサイトのうち、PBCサイト二つは、アダルトサイトになるのだろうか?
これは実は長らく私にとって謎でして(^^;
年齢制限はあります。
これは暴力的、あるいは性的なロールを認めているから、というか、エロロールが目的のサイトなもんですから、当然。
これは、私の感覚で言えばアダルトです。
お子様は来るな、です。

ですが、一般に言われるアダルトサイトってのは、エロ画像がばんばんとかそういうのらしい。

かつて私がテキスト系SMサイトを運営していた時は、ばっちりアダルトサイト扱いでした。実写はなく、内容は、はっきり言って今のなり茶サイトの方が絶対エロい(笑)
でも、SMって言うとアダルトになっちゃう。
それなのに、なり茶サイトはどうもアダルトだと認識されないようなんですね。
何故?
内容がエロいのは、絶対狂月や猫目月の方。
今は無き日月は、結構理屈っぽくSMを論じていて、エロを追求はしてなかったので。

そう考えると、エロいかどうかは、アダルトサイトかどうかの判定には、必ずしも絶対じゃないらしい。
年齢制限があるかどうかも。
実写があるかどうかで言えば、日月もなかったわけだし。
じゃあ、どこで分かれるのか?

わかんねー_| ̄|○

ちなみに私のアダルトサイトの認識はとても単純。
大人向け、つまり18禁ならアダルト。
なので、私は狂月も猫目月もアダルトサイトだという認識で、規約チェックはします。
で、当然ながら、アダルト=公序良俗に反するとは私は思ってません。
アダルトと言っても、内容は様々、質もピンからキリまで。
そして、エロというのはすこぶる個人的感覚だからして、犯罪でなければ他人が口出しすることじゃないと思ってますので、アダルトであるということを理由に、内容を問わずシャットアウトされるのは、非常に不本意です。
不本意ですが、規約でノーと言われるならば、それもまたエロ拒否という一つの姿勢であるから尊重し、諦めてOKのところを探します。

それにしても、内容ではなく名前でアダルトかどうかが決まり、そしてアダルト=全て悪質なエロと言わんばかりの昨今の言われようを見ると、なんだか憮然とします。

だって、エロは人間には大事な欲求です。誰もが何らかの形で持っているものです。
人間はそういう動物なんです。
美味しい物を追求するサイトはよくて、美味しいエロを追求するサイトは駄目ってどうして?
どちらも本能をベースにしてます。
好き嫌いは様々ってのも同じです。
人に押しつけるのは顰蹙を買うのも一緒。
なのに、押しつけさえしなけりゃ、人に迷惑かける方法でなけりゃ他人様の嗜好に口出しするもんじゃないというのも、どうして一緒にしちゃいけないのか。

ネットで公開するといっても、アダルトの場合、年齢認証がまず良識的サイトにはあり、どういう内容が含まれているかも警告されており、見たくない人に押しつけてはいません。
それでも駄目なの?

最初に言ったように、どうもなり茶サイトは、エロ暴力ありでもアダルトサイトじゃないと思われるようですので、今は対岸の火事とも言えるんですが、もっとずっとエロの少なかった日月がSMをテーマにしてるというだけでアダルトということになり、アダルト禁止に泣いた経験からすると、狂月や猫目月はOKっていうのも、なんだか納得いかない気がするんですよね。

やっぱり駄目って言うからには、納得できる根拠、理屈くらいは出して欲しいと思う次第です。
[PR]
by catsmoon | 2004-10-31 21:35 | 雑感
2004年 10月 28日 |
絵日記でもかいてみようか様で、「男と少年の違いは、玩具の値段の違いだけ」という言葉が紹介されていまして。
思わず、手をぽんとかw

いや、確かにそうだなあとしみじみ思ったわけです。
欲しいもの、したいことの理由が、まさに欲しい、したい、なんですよね、聞いてみると。
これは玩具です。
例えば、私がプログラムを弄ったりするのは、その機能が必要だから。その作業が全く楽しくないわけではなく、実際楽しくてやってる部分も大きいのですが、何の役に立つでなし、ただプログラムを弄るために弄るってことはしません。
弄ることとその結果として求めた機能が得られるという一連の流れがあって初めて満足できるのです。
でも、男性に何のためにやってるの?と聞くと、だって面白いからという答えが返ってくる。

これも、プログラムなんぞ、勝手にいくらでも組めで終わりなんですが、買い物となるとそうはいきません。
何故かというと、プログラムと同じく、私はただ買う、入手するだけではなく、手に入れたものを使って何をするか、払う金額に応じたメリットがあるかどうか、まで含めて納得、満足するからです。
だから、何するわけでもない、それでなくてはならない理由はない(好きだという以外に)、そのためだけに高い金額を出すというのは、ものすごい不満を感じるのです。

私も、そういう感覚、ただ欲しい、好きだという感覚はあるんです。
でも、その場合は、欲しいという欲求の充足だけをメリットとしてバランスがとれる金額までとなります。
私の場合、それは数千円までなんですが。
万を超えると、それだけでは駄目になります。買ったものが何の役に立つのか、もっと安い同類商品では駄目な理由は何か、が絶対にチェック項目に入り、それを満たさないと満足できません。
幾らであろうが、玩具欲しいという感覚は、やはり子供の頃の感覚だと思います。

そういう意味では、玩具の金額が違うだけという少年と男の違いは、そのまま少女と女には適用できないのでしょう。
私だって食玩目当てに大人買いしたりする人間ですから、そういう男性の感覚も否定はしませんが、頼むし、せめて2、3万までにしておいてとか思うのですよね(^^;
[PR]
by catsmoon | 2004-10-28 12:25 | 雑感
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Blue Paper Skin by Sun&Moon